辻一弘の師匠ディックスミスの経歴が凄い!特殊メイクだけじゃなく彫刻作品も驚きの技術!?



第90回アカデミー賞にて
「ウィンストン・チャーチル
ヒトラーから世界を救った男」で
特殊メイクを担当した辻一弘氏が
メイクアップ&ヘアスタイリング賞を
初受賞しました!

そこで、彼の師匠である
ディックスミスさんを調べてみた所
とても凄い人物だということがわかったので
調べてみました!

さらに、辻一弘氏は特殊メイクだけでなく
彫刻技術もすごいということで
そちらもご紹介!

辻一弘さんのプロフィール・経歴


名前:辻一弘(つじかずひろ)
生年月日:1969年5月25日 (48歳)
出身:京都府京都市
学歴:京都・平安高校

辻さんは、京都出身で
現在48歳でロサンゼルス在住の
特殊メイクのメイクアップアーティストです。

特殊メイクというのは、
「顔」にこだわらなければいけませんが
それは幼少期、両親が離婚したことによって
人の顔色を伺うようになり、
人の表情を読み取る眼を持つようになったとか。

Sponsored Links
Sponsored Links

京都の錦市場の魚屋さんで育ったという
辻さんですが、子供の頃
『スター・ウォーズ』を見て
映画に興味を持つようになったそう。

メイクとの出会い

京都の平安高校にいた時、
本屋で買った映画雑誌で
俳優のハル・ホルブルック
ディック・スミスの特殊メイクによって
リンカーンそっくりに仕上げられている
様子を見てメイクの道を志したそうです。

それから、雑誌に掲載されていた
ディック・スミスの住所に手紙を送った所
「独学が一番だ」と返事がきて
特殊メイクを学び始めたようです。

それから、
代々木アニメーション学院で講師をしたり
『ゴーストバスターズ』の特殊メイクなどを
務めた江川悦子さんの工房で
邦画である『スウィートホーム』のメイクに
携わったりしました。

渡米・ハリウッドへの挑戦

そして1996年27歳にして単身アメリカへ渡り
ディック・スミスさんに師事しました。

Sponsored Links
Sponsored Links

その後、兄弟子であるリック・ベイカーさん
工房「シノベーションスタジオ」にて、
『メン・イン・ブラック』
『PLANET OF THE APES/猿の惑星』
などの特殊メイクに携わりました。

2000年には『グリンチ』
英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を
リック・ベイカーさんらと共に受賞しました。

2012年には一旦映画業界から身を引いたのですが
受賞作主演のゲイリー・オールドマンからの
ラブコールを受けて復帰
しました。

そして今回、
2017年の『ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男』

第90回アカデミー賞の
メイクアップ&ヘアスタイリング賞を
受賞
することになりました。

リック・ベイカーさんと共に
ここまでハリウッドで上り詰めた
辻さんの師匠である
ディック・スミスさんが気になりますね!

ディックスミスさんのプロフィール・経歴


名前:ディック・スミス(Dick Smith)
本名:Richard Emerson Smith
生年月日:1922年6月26日
没年月日:2014年7月30日(92歳没)
出生地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ラーチモント
職業:メイクアップアーティスト
活動期間:1948年~1999年

ニューヨークで産まれたディックさんですが
当初は歯科医になりたかったそうです。

しかし、19歳の時に「ブック・オブ・メイクアップ」
という本を読んだことでメイクアップアーティストを
目指し始めたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

1945年から1959年までアメリカのチャンネルNBCで
テレビ業界では初の常勤のメイクアップアーティストになり
老けメイクを即興でこなしていたようです。

それから映画業界へ進出して
『小さな巨人』(ダスティン・ホフマン)
『エクソシスト』(リンダ・ブレア、マックス・フォン・シドー)
『ゴッドファーザー』(マーロン・ブランド)
『タクシードライバー』(ロバート・デ・ニーロ)
『アマデウス』(F・マーリー・エイブラハム)

などの有名映画を複数担当。

そして、
第57回アカデミーメイクアップ賞(『アマデウス』)
第84回アカデミー名誉賞

などを受賞する巨匠となりました。

彼は日本でも働いていたことがあり、
黒沢清監督のホラー映画の
『スウィートホーム』のメイクを担当したり
代々木アニメーション学院
1992年から2000年まで講師を
務めていました。

Sponsored Links
Sponsored Links

その授賞式では、
弟子のリック・ベイカーさんから
手渡されることになっています。

その後、彼は、
2014年7月30日に老衰で死去しています。
92歳でした。

辻一弘さんの担当作品


では、辻さんの担当作品について
有名所をご紹介。

・メン・イン・ブラック(1997)
・メン・イン・ブラック2 (2002)

・グリンチ(2000)
・PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)
・ザ・リング(2002)
・ザ・リング2(2005)
・ホーンテッドマンション(2003)
・ヘルボーイ(2003)
・ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)
・天使と悪魔 Angels & Demons (2009)
・G.I.ジョー(2009)
・ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(2017)

辻一弘さんの彫刻作品


辻さんは、2012年からは、
現代美術の分野に転向しており、
数々の彫刻作品を製作。

ニューヨークの美術展にも
出展していると言います。

その一部をご紹介。

Sponsored Links
Sponsored Links

出典:https://www.pinterest.jp/pin/46584177377663864/?lp=true
出典:https://www.pinterest.jp/pin/366410119671434035/?lp=true

とってもリアルですよね!

もうちょっと怖い気もしますが・・・笑

お尻から顔が生えてるのはすごい笑

まとめ

日本人としては
はじめてと言いますから
辻さんは本当にすごいですね!

すごい人になるには、
凄い師匠に師事することが
大事ということですね!

辻さんおめでとうございます!

それでは!