加藤将(テニミュ)は麻酔が効かない?経歴や出演作も気になるが伝説エピソードが面白い!



テミニュの乾貞治役を演じていた
俳優の加藤将さんが、
舞台刀剣乱舞の大包平役を
するということで話題に。

そこで今回は、アドレナリンが出すぎて
歯医者の麻酔が効かないなど
伝説のエピソードたちを経歴とともにまとめます。

加藤将さんのプロフィール・経歴


名前:加藤 将(かとう しょう)
生年月日:1992年9月21日(25歳)
出生地:兵庫県
身長:186cm
血液型:O型
靴のサイズ:29.0cm
趣味:テニス
職業:俳優
事務所:ヴィズミック

加藤将さんは、現在25歳の俳優です。

大阪にある放送芸術学院専門学校
卒業し、現在は芸能プロダクションの
ヴィズミックに所属しています。

毎日の習慣
犬の仏壇に挨拶することと
犬にお休みをいうことだそう。

印象はクールで寡黙だと
思われがちのようですが
実際はテンションが高く人懐っこい
愛嬌のある性格で驚かれるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

漫画「テニスの王子様」に憧れて
中学高校と6年間ソフトテニスをしていたそう。

そこから俳優を目指すきっかけに
ミュージカル・テニスの王子様
出る事がありました。

出演作品は?


・岩崎夏海 監修 ミュージカル『甲子園だけが高校野球ではない』

・ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン – 乾貞治役
青学vs六角(2016年12月22日~2月12日)
Dream Live 2017(2017年5月26日~5月28日)
青学vs立海(2017年7月14日~10月1日)
TEAM Party SEIGAKU・ROKKAKU(2017年10月26日~11月5日)
青学vs比嘉(2017年12月21日~2018年2月18日)
出典:Wikipedia

テニミュこと、テニスの王子様の
ミュージカルの3rdシーズンで
青学の9代目キャストの
乾貞治役としてがいちばん有名なようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

その前は、2012年に
放送芸術学院専門学校にいた時の
ミュージカルである
『甲子園だけが高校野球ではない』
野球部員役を演じていたこともあったようです。

調べた中の情報では
テニミュの仕事を
ずっとやってきた
のかなと思います。

そして、今回、
舞台「刀剣乱舞」の大包平役
として加藤将さんが
起用されました!

舞台「刀剣乱舞」とは?

刀剣乱舞は、元々PC版ブラウザゲームで
2016年にスマホ版が配信され、
日本刀の名刀を男性に擬人化した内容
刀剣を育成していくシュミレーションゲームでした。

そして、女性の間で
刀剣乱舞ブームが起き、
今では、2015年にミュージカル化し
2016年には舞台化されました。

さらにアニメ化までされています。

Sponsored Links
Sponsored Links

舞台は、

・『舞台 刀剣乱舞〜虚伝 燃ゆる本能寺〜』
・『舞台 刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜』
・『舞台 刀剣乱舞 ジョ伝 三つら星刀語り』

の3作が上演されており、
そして今回、加藤将さんがキャストとなるのが
4度目の作品となるようです。

加藤将さんの伝説のエピソード

このようなツイートを発見しましたが
ここに書かれてあるエピソードだけでも
かなり面白い人物であることが
わかりますよね笑

Sponsored Links
Sponsored Links

テニミュで海堂薫役である
牧島輝さんが、加藤将さんに
モンスターボールを投げつけられたと
語っていますね笑

バレンタインなのに男性から
贈るなんて、とっても素敵な方ですね!

さらには、おばあちゃんの
卵焼き好きだそうで
毎日食べてたら、
卵アレルギーになってしまって
医者から「君は一生分の卵を摂取している」
と言われたそう・・・!

Sponsored Links
Sponsored Links

そして、こちらエピソード。

人よりアドレナリンが出すぎたことで、
歯医者さんで5本麻酔を打っても
効かなかった経験が!

さらにさらには、
「TOKYO DOME CITY HALL」のことを
「東京ドームシティハル」と言ったり笑

まとめ

モンスターボール投げつけるとか
麻酔効かないとかおもしろエピソードが
色々ありますよね笑

身長も高くてイケメンなのに
子供っぽいところがあったりと
楽しそうな方ですね!

刀剣乱舞以降も活躍が
期待されますね!

それでは!