OAR(オーエーアール)とはどこの国でどんな意味?所属選手と平昌オリンピックに出場してる理由は?

Sponsored Links
Sponsored Links

平昌五輪を見ている方はたまに見かける
OAR(オーエーアール)という国があります。

これは何なのでしょうか?
なぜ平昌五輪にこの国が
出場しているのでしょうか?

疑問を調べてみました!

こちらの記事もどうぞ!

平昌冬季五輪2018の日本代表選手一覧!メンバーの出場競技や年齢・所属チーム等のプロフィールを紹介!

2018.01.02

羽生結弦の平昌五輪での出場時間(滑走順)は何時何分?フィギュア動画の見逃し配信を無料視聴する方法!

2018.02.07

OARの意味は?


まず、OARの(オーエーアール)とは
略称になります。

その略称する前は、

『Olympic Athlete from Russia』
(オリンピック アスリート フロム ロシア)

という名称になります。

これの頭文字をとって『OAR』と
呼んでいるんですね。

『ロシア』という言葉が
出てきたので感のよい方はわかると思いますが
つまり、ロシアの選手団なのです。

Sponsored Links
Sponsored Links

ではなぜ、ロシアとは言わずに
こんな長い名前が付けられているのでしょうか?

ロシア人ならロシア代表として
出場したいですよね!

なぜロシア代表として出場できない?


ではなぜロシア人の選手がロシア代表として
出場していなのか?ということですが、

これは、過去のオリンピックで、
ロシアが国家ぐるみでドーピングを
推奨し、使用していたという疑惑

あるからです。

このニュースはテレビでも
よくやっていたので、
聞いたことがある人もいるかもしれません。

ロシア側はこれをもちろん否定していますが
これを国際オリンピック委員会(IOC)
重く受け止めたことによって、
平昌五輪にロシアを出場させないという
方針を決めた
のです。

Sponsored Links
Sponsored Links

そのため、今回、ロシアの国も見かけませんし、
国旗も見かけないのです。

ドーピング問題発覚の経緯

そして、このドーピング問題が公になった理由として、
2014年12月にロシアの陸上選手とロシアの
反ドーピング機関(RUSADA)に勤めていた
この選手の夫がドイツの公共放送にて
告発した
ことがきっかけだそうです。

さらに2016年5月に、
モスクワ反ドーピングセンター元所長が
ソチ五輪でのロシアの組織的
ドーピングや検査での不正疑惑を
暴露したことにより
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が
ロシアの国ぐるみの不正を認める形になりました。

ちなみにロシアは、2011~2015年にかけて
ドーピング検査で約600件の陽性結果の
半分以上を陰性として内容を書き換えたり

ソチ五輪では尿のすり替えなんかも
行っていたらしいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

これを受けて国際オリンピック委員会(IOC)は
五輪のロシア全面的排除を決めました。

なので、平昌五輪も同様に
ロシアの参加が禁じられたのです。

しかし、今回は、潔白を証明できる
選手に関しては、五輪マーク(旗)の元で
『個人』としての参加が認められる
こととなっています。

OARとして平昌五輪に出場する選手は誰?

これまでに多数のメダルを取得してきた
ロシアですから注目される有名選手が多数います。

とりあえずフィギュアの選手を紹介しておきます。

フィギュアスケート

・エフゲニア・メドベージェワ
世界ランク1位の選手で日本大好き。セーラームーンやユーリのコスプレで有名。18歳。

・マリア・ソツコワ
世界ランク3位の選手で、17歳。

・アリーナ・ザギトワ
宮原知子に次いで世界ランク5位の選手。なんと15歳。

・ミハイル・コリヤダ
羽生、宇野、ハビエルに次いで世界ランク4位のフィギュア選手。22歳。

・ドミトリー・アリエフ
世界ランク10位の選手。18歳。

まとめ

やはりロシア選手は雪国だけあって
冬季五輪は強いです。

しかし今回は数多くの選手が出場できていないようで
今回はメダルの数が少なくなるかもしれません。

OAR=ロシア選手ですので、
次から見るときは、ロシアの選手だと
思って見てみてください!

それでは!

こちらの記事もどうぞ!

平昌冬季五輪2018の日本代表選手一覧!メンバーの出場競技や年齢・所属チーム等のプロフィールを紹介!

2018.01.02

羽生結弦の平昌五輪での出場時間(滑走順)は何時何分?フィギュア動画の見逃し配信を無料視聴する方法!

2018.02.07
Sponsored Links
Sponsored Links