亀田興毅が現役復帰宣言した理由と再開時期はいつ?「やり残した試合」って何?



2018年1月1日、
AbemaTVの
『亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円』
の放送最後にて

亀田興毅が

『現役に復帰したい』

との内容と伝えました。

亀田興毅の復帰宣言の言葉

こちら亀田興毅が語った全文です!

『亀田一家人生をかけた3大勝負。
大毅、京之介、ジョー、みんな
すごい戦いをしてくれましたね。

大毅が最後戦って、
もう一回戦いたいそういう想い。

大毅の歌を聞いて自分も
思うところがあって

やっぱり自分も最後ちょっと
やり残した、やらなければ
ならない試合ってものが
あるんじゃないかと。

それはどういう形でなるか
わからないですけど、
それがもしできるのであれば
もう一回リングに上がろうと
現役復帰しようと思います。』

Sponsored Links
Sponsored Links

復帰理由は?

今回、放送の最後に語ったのは
今回のような
亀田大毅に勝ったら1000万円の企画を見て
色々な想いを持って戦ったり引退したり
する人を見て、自分もまだボクシングに対して
思い残したことがあるんじゃないかと。

そこで現役復帰してまた
ボクシングをやりたいとのことでした。

多分朝青龍を押し出したら1000万円の
企画も見ていたので、
朝青龍や琴光喜の姿を見てさらに
そう思ったのでしょう。

亀田興毅のプロフィール

本名:亀田 興毅
通称:浪速乃闘拳
階級:スーパーフライ級
身長:165.9cm
リーチ:169cm
誕生日:1986年11月17日(31歳)
血液型:B型
出身地:大阪府大阪市
スタイル:左ボクサーファイター
アマチュアボクシング:16戦15勝1敗
プロボクシング:35戦33勝(18KO)2敗

亀田興毅さんは、現在31歳で
現在3人の子供にも恵まれている
お父さんです。

現在はトレーナー中心に
活動しているかと思います。

そして、

・元WBA世界ライトフライ級王者
・元WBC世界フライ級王者
・元WBA世界バンタム級王者

の日本人初の3階級制覇王者になった人物です。

有名ですが、父親は亀田史郎、
弟には亀田大毅と亀田和毅がおり
妹には亀田姫月がいます。

そして、気になるのが、復帰宣言時の

『やっぱり自分も最後ちょっと
やり残した、やらなければ
ならない試合ってものが
あるんじゃないかと。』

という言葉です。

調べてみると亀田興毅さんは、
引退時の試合は負けて終わっています。

2015年10月16日のシカゴで行われた前座にて
WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平さんと対戦。

結果は0-3の判定負け
4階級制覇に失敗しています。

この試合後に亀田興毅さんは
現役引退を表明
しています。

ということは、最後負けて終わっていることも
心残りがあるのではないのでしょうか?

というかプロでの戦績が
35戦33勝(18KO)2敗ってすごくないですか笑

ちなみにもう1戦負けた相手が
2010年3月27日のWBC世界フライ級王座統一戦で
タイの選手ポンサクレック・ウォンジョンカムで
それまでプロデビューしてから22連勝でした!

すごい!

そしてその前の試合である22戦目の
2009年11月29日の相手が
内藤大助さん(40戦35勝2敗3分)でした。

WBC世界フライ級タイトルマッチをし
亀田興毅さんが3-0で判定勝ちをしています。

なんと瞬間最高視聴率は51.2%を記録しており
プロボクシングの中継では歴代2位の視聴率で
さらには平均視聴率で第60回紅白歌合戦を抑えて
2009年に放送された全番組の中で第1位
となったらしい劇的な試合だったそう!

この頃からすごく注目を集めていたんですね!

Sponsored Links
Sponsored Links

復帰はいつから?

この放送の中ではいつから復帰するとのことは
語りませんでした。

しかしながら、
ボクシングには、減量やトレーニングが必要ですから
すぐに試合をするというわけにはいかないでしょう!

ですから3ヶ月から半年くらいは見たほうが良いのでは
ないでしょうか!?

まとめ

この企画を僕も見ていましたが
亀田一家を好きになりましたね!

とても面白いですし、
亀田興毅も亀田大毅も
負けてしまった京之介も
色々な人がいて
こんな形でボクシングを盛り上げて
素晴らしいと思いました。

現役復帰するとなれば、
ぜひ応援したいですね!

それでは!