第2の体内マイクロチップ計画の概要は?全人類に埋め込んだり宇宙人の記憶を再生するって本当?


2017年12月22日に放送された
やりすぎ都市伝説の番組で
体内マイクロチップ計画には
次の第2計画があることが明かされました!

そこで、番組内で紹介された
第2の体内マイクロチップ計画の概要を
まとめてみました!

こちらの記事もどうぞ!

アルコー延命財団の実態と創設者は誰?冷凍保存装置に格納されてる有名人や血液入替技術を調査!

2017.12.22

体内マイクロチップ計画とは?

アメリカで既に開始されている
体内にマイクロチップを埋め込むことで、
その人に関わる情報を管理するという計画です。

情報とは様々なもので、
例えば、お金や記憶などが
そのうちに入ります。

日本では、まだ全然ですが、
『マイナンバー』なんてものも
作られましたよね?

ちょっとアメリカよりも
全然遅いですが、
そういう情報をデータ化して
一括管理できる仕組みがこれからは
できてきますが、今度はそれが
体内に埋め込まれるということになります。

体内ということでちょっと恐い気もしますが、
漫画やアニメなんかでは、そういうものだと
外から人をコントロールや遠隔操作など
できるようになりそうで恐いですよね!

買い物がキャッシュレス化?

日本でも例えばコンビニで
キャッシュレス化が進んでおり、
その一例として、ウェブマネーなど
財布を必要としない決済方法が
流行り始めています。

アメリカでは、既に体内に埋め込まれた
マイクロチップにより、
コンビニでお買い物ができるそうです!

すごすぎですねw

キャッシュレス化の本当の狙いとしては、
お金をデータ化することにより
体内で色々な情報を管理せざるを
得ない状況にして、全人類の体内に
マイクロチップを埋め込むことだそうです・・・

全人類ってこわいwww

Sponsored Links
Sponsored Links

第2の体内マイクロチップ計画とは?

ここで出てくるのが、

『第2の体内マイクロチップ計画』

なのです。

体内マイクロチップ計画で行われるのが
お金などの情報管理ですが、
次に予想されているのが

『マインドアップロード』

です!

このマインドアップロードは何かというと

人間の脳に記憶された
記憶や精神などの情報を
人工知能にコピーしておき、
自分が亡くなっても
蘇生した際、人工知能の情報を元に
同じように行動できるようにするというものです。

宇宙人の記憶を再生?

そもそも宇宙人がいるのかという
話にもなってきますが、
番組内では、
ローマ法王が、火星人の存在について
名言
していたりしているので、
信憑性は高まってきそうです。

そんな宇宙人は、
この地球という世界を作るため、
歴史を作っていくための情報を
与えてきたのではないか?

という話も展開されていました。

そんな天才的な宇宙人の脳を
コピー
することにより
それを人間の脳にインストール
アップデートするという話も
あるようです!

そして、番組内でも話されていましたが
これを実現するためにも必要なのが

『冷凍保存技術』

なのです!

Sponsored Links
Sponsored Links

冷凍保存技術とは、
遺体になっても、脳または
体を液体窒素で保存しておくことにより
蘇生技術ができた時に記憶などの情報を
取り出せるよう行われているものです。

現に、いくつか実在する
冷凍保存技術を研究している団体があり、
その一つが今回紹介された

『アルコー延命財団』

です!

宇宙人の脳を保存しておくにも
このような冷凍保存ができないと
それを保つことができませんよね?

なのでマインドアップロードには、
冷凍保存技術が必須なんです!

体内マイクロチップ計画と冷凍保存技術を組み合わせて

そして、体内マイクロチップ計画と
冷凍保存技術を組み合わせることにより
全人類に宇宙人の記憶や精神を
インプラントすることにより
これまででは考えられないような
思考ができるようになったり。。。

そんな計画が水面下では
進んでいるようです。。

いつか宇宙へ自由に行き来する
時代がくる時のために準備をしている
ということなんです!

いやあ壮大ですね・・・笑

まとめ

全人類にマイクロチップを
埋め込まれるような話もびっくりですが
さらに、宇宙人の知識や情報を
頭にインストールして脳を
アップデートするなんてさらにびっくりです。

そしてそして、
それに必要な冷凍保存技術も
興味深いお話ですよね・・・

冷凍保存技術に関しては
以下の記事でも説明しているので
読んでみて下さい!

なんと日本人も現在
冷凍保存されているようですよ!

アルコー延命財団の実態と創設者は誰?冷凍保存装置に格納されてる有名人や血液入替技術を調査!

2017.12.22

それでは!