【渋谷キャスト】賃貸の賃料や値段は?部屋ごとの相場や特徴を徹底解説!周辺環境やここに住むメリットも!

Sponsored Links
Sponsored Links

2017年4月28日に、複合施設「渋谷キャスト」がオープンしました!

JR渋谷駅から原宿方面へ向かい、宮下公園交差点を超えた、キャットストリートの入り口そば、という好立地です!

建物は地下2階~地上16階で、1〜13Fがカフェ、レストラン、アパレル店舗など、13-16Fに賃貸物件となっています。

今回は、賃貸部分の紹介させていただきます。渋谷区の再開発プロジェクトとして話題のこの施設、住んでみると、どんな感じなのでしょう??

渋谷キャストって??


渋谷キャストは「遊ぶ、働く、住む」を、渋谷という若者が集う感度の高いエリアで実現してしまおう!というプロジェクトの一環で作られました。

都心における多様な居住スタイルの実現、渋谷ー原宿間の新しい人の流れ、文化の流れを呼ぶ拠点として注目されています。

クリエイターの創造拠点として期待されているのですが、そこに「住む」という暮らしの要素が重視されているのが面白いところです。





渋谷キャストで暮らすには??(クリエイター空間)


実際には、13-16Fが居住用の賃貸スペースなのですが、いったい、どれぐらいのお値段で、どんなお部屋に住むことができるのでしょう??

賃貸スペースには、1Rから3LDKまで、さまざまな大きさの部屋が準備されていて、全部で80戸ほどの賃貸物件があります。

そのうち、13Fはクリエイター居住エリアで、一般募集は行っていません。クリエイターたちのコレクティブ居住の空間で、居住空間のほかに、共有ダイニング、作業スペース、トレーニングルームなどがあります。

一般募集がないのは残念ですが、随時の見学は可能ですし、クリエイターさんたちの単に事務所ではなく、あくまで「居住の空間」として設定されてるのが、この建物の面白いとこですね!

渋谷キャストの賃料は??(一般居住空間)


一般募集があるのは、14-16Fのスペースになります。

まず、14Fはサービスアパートメントと呼ばれる、マンスリーの短期契約スペースです。

家電や家具がすでに付いていて、1ヶ月〜12ヶ月未満の契約を結ぶことが出来ます。

ビジネスパーソンの中長期滞在などを想定しているようですが、一番狭い部屋だと、1Kで賃料は30万円ほどになります。

13Fクリエータースペースの共有空間を使うことも出来るそうです!!

次に、15-16Fは、長期契約のプレミアムレジデンスと呼ばれる賃貸スペースです。





一番狭い1R、1Kでは、15万円台〜。少しゆったりした1LDKで20万円台〜、家族と過ごせるような2LDK(30万円台前半〜)、3LDK(50万円台後半〜)で一般に入居者募集が出ています。

たとえば、1LDKでも、人気の独立タイプのキッチンになっていて、キッチンからの煙やニオイが、リビングに漏れ出しにくくなっていて、清潔です!

お部屋を区切っている扉を開くことで、リビングを広く使うことも出来ますので、ちょっとしたパーティーを開いたりするにも最適です!(1LDKでも60㎡以上の大きなスペースの部屋があります)

もちろん高層階でバルコニーも広く、ゆっくり渋谷の街を眺めて、くつろぐこともできます。

まとめ

自分たちの居住スペースだけでなく、共有スペースや、1Fに入っているシェアオフィス、2Fの飲食スペースなどなど。

とっても充実していますので、まさに「遊ぶ、働く、住む」をトータルで実現できる空間になっています。

もちろん、気軽に手が出る…という安さではありませんが、一人暮らし用のスペースも15万円台からありますし、新築のハイグレード賃貸物件としては、とても魅力的です!

新たなスタイル、新たな住まい方を都心で模索している人に、ぜひオススメ。このクリエイティブ空間の住人になってみませんか??

Sponsored Links
Sponsored Links