嵐の奉祝曲Journey to Harmonyの意味や歌詞全文!CD化や発売日とジャニーさんをもじった?


11月9日に天皇陛下即位の祝賀式典で嵐が奉祝曲として『Ray of Water第3楽章』として『Journey to Harmony』を歌唱しました。

そこで曲名の意味や歌詞全文、動画などまとめてみました。

Sponsored Link

嵐が奉祝曲『Journey to Harmony』を歌唱

9日、皇居正門前広場にて天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が行われ、国民的アイドルグループの嵐が奉祝曲の第三楽章「Journey to Harmony」を披露した。

安倍晋三内閣総理大臣が祝辞を述べた後、作曲・菅野よう子氏、作詞・岡田惠和氏、ピアノ・辻井伸行氏らによる奉祝曲の組曲「Ray of Water」が披露された。第一楽章「海神(かいしん)」、そして第二楽章「虹の子ども」の演奏後半で舞台前に登場した嵐は、正門石橋の天皇皇后両陛下に向かって深々と一礼。

およそ5分間の第三楽章「Journey to Harmony」を歌い上げると、天皇皇后両陛下は終始和やかな表情で奉祝曲に聞き入っていた。

引用:ライブドアニュース

嵐が天皇陛下へ向けて「Journey to Harmony」を歌いましたね。

ちょっと歌いづらそうな歌でしたけど、とても良かったです!

組曲ということで「Ray of Water」は全体のことなんですね。その中の一つが「Journey to Harmony」ということでしょう。

Sponsored Link

『Ray of Water』の曲名の意味とは?

そして今回『Ray of Water』というのが3つの曲からなる代表の曲名でしたね。

これをよく見ると『Ray Wa』で令和と重ね合わせた曲名とも受け取れますよね。

Waterということで、水ですが、これは天皇陛下が長年の研究テーマだった水ということだそうです。

ちなみにいかが構成でした。

・第一楽章が「海神」 オーケストラ演奏
・第二楽章が「虹の子ども」 辻井伸行氏のピアノ
・第三楽章が「Journey to Harmony」 嵐の歌唱

Abemaニュースでは『水に差し込むまばゆい光』とも言われていました。

Sponsored Link

『Journey to Harmony』の曲名の意味とは?

そして嵐が歌った『Journey to Harmony』についてです。

直訳すると『ハーモニーへの旅』ですが、Journeyという文字からジャニーさんも思い浮かべてしまいますね。

細かい意味は不明ですが、歌詞に『君』という言葉が多用されていたり、「岩」「水」「花」「大河」などの自然の言葉が多かったようです。

先程の『Ray of Water』というテーマを元になった曲のようですね。

Sponsored Link

『Journey to Harmony』の歌詞全文と動画


そしてこちらが嵐の『Journey to Harmony』の歌唱動画と歌詞全文になります。

君が笑えば 世界は輝く
誰かの幸せが 今を照らす
僕らの喜びよ 君に届け

はじめてどこかの 岩陰に滴り 
落ちたひとしずくの 水が平野流れ
やっと研ぎ澄まされ 君を潤し
鳥たちを育み 花たちと戯れ

あの大河だって はじめはひとしずく
僕らの幸せも 大河にすればいい
ごらんよ ぼくらはキミのそばにいる

君が笑えば 世界は輝く
誰かの幸せが 今を照らす
僕らの喜びよ 君に届け

星明かり滲んで ふと立ち止まったら
雨の匂いの中に 虹のうたをきこう
かすかなそのうた まるでひとしずく

静かに繋がって 確かに繋がって
青い空の下 夢なんか語り合う
藍とか語り合う それが僕の願い

ごらんよ光が 君とともにいる
君が笑えば 世界は輝く
誰かの幸せが 時代を照らす
僕らの喜びよ 君に届け

君が笑えば 世界は輝く
誰かの幸せが 今を照らす
僕らの喜びよ 君に届け

大丈夫 鳥は歌っている
大丈夫 空は輝いてる
大丈夫 水は流れている
大丈夫 海は光っている
大丈夫 君と笑っていく
大丈夫 君と歩いてゆこう

Sponsored Link

『Journey to Harmony』はCD化される?

このようにCD化を待ち覗く声もありました。

ですが、このような曲は発売されるイメージはありませんよね。

天皇陛下へ送る曲ですから、もし発売されなくても動画からダウンロードとかできそうですしね。

Sponsored Link

ネットの声

 

DUGA DUGA