眼鏡禁止の企業職場はどこで名前特定?女性の仕事限定でCAや美容部員・受付も


女性従業員の眼鏡が禁止の企業があるとして、女性問題を取り上げてきた「BUSINESS INSIDER JAPAN」記者の竹下郁子さんのことがニュースに取り上げられました。

そこで今回は実際のどんな企業がメガネを禁止しているのか?なぜ女性限定なのか?調べてみました。

Sponsored Link

女性のメガネが禁止の企業がある?

「見栄えが悪い」などの理由で、女性に職場でのメガネ着用を禁止する企業や店舗が少なくない。問題提起をしたのは、女性の働き方などを取材している「BUSINESS INSIDER JAPAN」記者の竹下郁子さんだ。女性にパンプスを履くことを強要することに反対する「#KuToo」の調査をしている時、「職場でメガネを禁止されている」という女性の声に驚いたという。

「スッキリ」が就業中のメガネを禁止する職場を取材してみると、客室乗務員にメガネ着用を禁止している国内の航空会社は、「安全上の問題だ」と説明する。緊急時、機内から避難する際にメガネが割れると、本人や周囲に危険が及ぶため、男女問わず、客室乗務員のメガネ着用は禁止しているという。

「エールフランンス航空」「KMLオランダ航空」「フィンランド航空」など複数の海外の航空会社は客室乗務員のメガネ着用はOKだった。

引用:Jcastニュース

このように女性のメガネを禁止している職場があるとしてニュースになっていたのですが、ネットでも大きく話題になっていました。女性限定ではあるようですが男性もこの話題をしていました。

ちなみにCAについては緊急時にメガネが外れると危険だということは少し理解はできますけどね。確かにCAでメガネを掛けている人って見たことがないような気がします。

他の職場についてはちょっと考えさせられるものがあるようです。

Sponsored Link

メガネ禁止の企業はどこ?

ニュースで調べてみると、様々な業種でメガネ禁止の職場がるようでした。

・和食店
手で触れると不衛生

・有名ホテル
着物に似合わない

・化粧品会社の店頭販売の美容部員
自分のメイクをお客さんに見せる時に邪魔

・大手百貨店受付
???

このように様々な理由や職場があるようですが、受付という職業は、きれいな笑顔で対応するのがお仕事と言われ、それにそぐわないとクビになるとか。

ちょっと受付に関してはメガネは謎ですよね。

ドライアイでコンタクトをつけるのがキツイという人もいるでしょうから、そもそも仕事ができなくなってしまいますよね。

ただ、理由によってはなるほどというのもありますよね。

はっきりとした企業名はわかりませんが、仕事上邪魔になることや不衛生という点では理解できます。

Sponsored Link

見た目判断のジャッジに疑問も

先程の受付もそうですが、見た目の判断でメガネを禁止しているのはさすがにおかしいですよね。

メガネをすると可愛く見える人だって世の中にはいるわけですし、全員にメガネを見た目の問題で禁止するのはおかしい話です。

Sponsored Link

コンタクト代も馬鹿にならない

メガネは一度買ってしまったらしばらくは費用がかかりませんよね。基本的には長く着用するものですから。

しかしコンタクトは消耗品の為に、費用が毎度かかってしまいます。しかも仕事でコンタクトを着用するとなれば、かなりの日数コンタクトで過ごすこととなります。

ですから、コンタクト代にどれくらいかかるのかとか考えて判断しているわけではないと思われるので、この問題には費用も関係しているようです。

Sponsored Link

ネットの声

 

DUGA DUGA