笠りつ子がゴルフ関係者に死ね黙れ暴言?性格や父親とズボン落ちや夫結婚についても



女子プロゴルファーの笠りつ子(りゅうりつこ・31)がマスターズGCレディースの大会前に風呂場のタオルを置く置かないを巡って大会関係者に『死ね』などと暴言を吐いていたことがわかりました。

今回は笠りつ子選手のプロフィールや父親、性格や結婚して夫旦那はいるのかなど調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

女子ゴルフの笠りつ子が大会関係者に暴言

ベテラン選手が関係者に「死ね」などと暴言を吐いたとされる件について、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が27日、女子ゴルフのマスターズGCレディースが行われているマスターズGC(兵庫県三木市)で報道陣に対応。「あってはならない不適切な発言があったということは確認できている。(関係者には)大変申し訳ないことをしましたし、そこは本当におわびを申しました」と説明した。

岡本綾子氏が27日のデイリースポーツ紙面でマスターズGCレディースの大会前に起こった問題を明らかにした。岡本氏によると、マナー悪化で今大会は風呂場にタオルを置くのをやめたところ、あるベテラン選手が「何で置いてないのか」とコースの関係者に食ってかかり、「出せ」「出せない」の押し問答の末に「頭が固い。死ね」と捨てぜりふを吐いたという。

引用:ヤフーニュース

このように女子プロゴルファーの選手が大会前に風呂場にタオルを置くのをやめたことについて、言い合いになり『死ね』という捨て台詞を吐いたということでした。

そもそもなぜタオルを置かなくなったのかということについても問題がありそうですよね。

そして、この暴言を吐いたのが笠りつ子が選手だったことがわかりました。

Sponsored Links
Sponsored Links

笠りつ子選手のプロフィール・経歴

名前:笠りつ子(りゅうりつこ)
生年月日:1987年11月4日
年齢:31歳
身長:160cm
体重:58kg
国籍:日本
出身地:熊本県
職業:プロゴルファー

笠りつ子選手は熊本県出身で現在31歳のプロゴルファーの方です。学歴は以下。

・東海大学付属第二高等学校
・九州東海大学(現・東海大学)中退

9歳から父親がコーチを務めている坂田ジュニアゴルフ塾に入ってゴルフを始めたようです。ちなみに父親はゴルフ場経営者でもあるそうです。これは生まれながらお金持ちですね。兄である笠哲郎さんもプロゴルファーだそうです。

それから中学2年の時に九州ジュニアゴルフ選手権で優勝し、高校1年のときには九州女子アマチュアゴルフ選手権でも優勝をしています。

2006年にプロテストに合格してからは、テレビ熊本に所属そして現在は京セラ所属のようです。

獲得賞金は以下。

2007年:998万8700円
2008年:975万3700円
2009年:258万1200円
2010年:2220万7889円
2011年:5756万0409円
2012年:6706万4184円

最近の成績は不明ですが2010年からどんどん稼ぎ始めたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

笠りつ子選手の性格やズボン落ちとは?

笠りつ子選手について今回調べてみると性格やズボン落ちなどというキーワードが出てきました。

性格については、よくわかりませんが今回のように関係者に暴言を吐いたところを見ると、口がかなり悪いと思われます。なぜか『黙れ』というキーワードも出てきているので、もしかするとどこかで発言した内容かもしれません。

また『ズボン落ち』については2013年のCATLadiesの最終日、18番のパットでズボンが落ちたんだそうです。今はない自信のブログに記載があったようで、ブログの中では笑っていました。

パンツが見えたかどうかなどは不明ですが、ズボンが落ちるってどれだけゆるゆるだったのでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

笠りつ子選手は結婚して夫や子供はいる?

そして笠りつ子選手の結婚や夫、子供についてですが、上記のインスタ写真のように子供を抱いている写真があります。

しかし『叔母ちゃんになりました』という言葉から、自分の子供ではないような気がします。ですので兄の子供なのではないでしょうか?親の名前をとった子供の名前のようなので、親族の子供だと思われます。

他の写真を見ても結婚指輪をしていないようですので、結婚はされていないものと思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声

   

  DUGA