【動画】スコットランド7番ラフプレー選手の名前ジェイミーリッチーの暴力乱闘がヤバい!揉めた後は仲直り?



2019年10月13日に行われたラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦で田村選手とスコットランド7番のジェイミーリッチー選手が乱闘騒ぎになりました。

今回はジェイミーリッチー選手の暴力ともとれるラフプレー動画や乱闘騒ぎについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

ラグビーW杯決勝トーナメントの放送時間TV中継日程は何時何分で放送局は?組み合わせや会場も

2019.10.14

スコットランド戦で乱闘騒ぎ

TVで放送を見ていた人はわかると思いますが、田村選手に対してプレーとは関係ない所で手を突き出して押し倒していますね。

これに激昂した田村選手は、このスコットランドの7番選手に対して手で押すようなことをしました。

さらにこれに激昂した7番が突っかかり、乱闘騒ぎになりました。

そもそもこのスコットランドの7番の選手のラフプレーからこのようなことになったのだと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

スコットランド7番はジェイミーリッチー選手

名前:ジェイミー・リッチー
出生名:ジェームズ・トーマス・リッチー
生年月日:1996年8月16日
年齢:23歳
出生地:スコットランド・ダンディー
身長:193cm
体重:108kg

そして今回乱闘騒ぎを起こしたスコットランドの選手は7番のジェイミー・リッチー選手です。

というか身長高くて重量もありますね!まだ23歳ということですが、18歳の時からプロデビューしていたようです。

国際的なキャリアについてもU-16の時から代表に呼ばれており活躍してきたようです。さらにU-18のヨーロッパの大会ではキャプテンとしてもプレーしていたようです。

現在はスコットランドのエディンバラというチームでプレーしているとのことでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

他にもヤバいラフプレーがあった

そしてこちらも動画を御覧ください。

なんとジェイミー・リッチー選手がなんと日本の13番でしょうか?13番ならラファエレ選手ですね。の首根っこを掴んで押し倒し、さらに肘で頭を押さえつけています。

これは明らかなラフプレーです。

先程の田村選手のラフプレーより酷いのではないでしょうか?

さすがに押し倒した後に肘で頭を押さえつけるなんてヤバすぎませんか?

Sponsored Links
Sponsored Links

試合後は田村選手とリッチー選手が握手&ハグ

しかし、そんなジェイミーリッチー選手も試合後はちゃんと握手とハグを交わしているようでした。

日本側からすると、カードも出ていませんしちょっと納得いかないかもしれませんが、ともかく試合後は仲良く終えたようですね。

こういう所は良いと思います。

ラフプレーは多いものの、この試合で最多のタックル数を決めていたとのことでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声

ラグビーW杯決勝トーナメントの放送時間TV中継日程は何時何分で放送局は?組み合わせや会場も

2019.10.14
   

  DUGA