石川真佑の姉兄弟や両親は?中学高校とミライモンスターにも出演していた?



 現在、女子ワールドカップバレーの大会が開催されています。女子バレーといえば、東洋の魔女という言葉で有名です。開催国・日本で男女各12チームが総当たり戦で順位を競っており、10ヶ月後に迫る2020東京五輪へ向けての重要な大会となるため各国が最終調整に入っている段階です。

 熱狂的なファンも多い女子バレーボールのメンバーの一人に石川真佑さんという選手がいます。

 彼女はミライモンスターに出演していた経歴もあり、また、家族もすごいとの噂が。今回はそんな石川選手の家族についてや、中高の情報などを調べ、まとめていくことにしました。

Sponsored Links
Sponsored Links

石川真佑選手のプロフィール・経歴

 まずは、石川真佑選手についてのプロフィールを以下にまとめました。

名前:石川真佑(いしかわまゆ)
生年月日:2000年5月14日(2019年9月現在 19歳)
出身地:愛知県岡崎市
身長:174cm
性格:負けず嫌い
血液型:AB型
ポジション:WS(ウィングスパイカー)
最高到達点:300m
座右の銘:成長はいつも限界のちょっと先にある

 2000年の5月生まれという事は、学年で言うと現在大学1年生の代となります。まだ10代の彼女の今後の活躍が期待できますね。

 また、座右の銘の「成長はいつも限界のちょっと先にある」ですが、これはメンタリストのDaiGoさんが仰った言葉で、無理をしすぎることはよくないが、成長を求めるなら少しだけ無理をすることが大切だ、という意味があります。負けず嫌いな性格の石川選手にはぴったりの言葉と言えますね。また、その性格こそがバレーをしていく上での糧となっているのでしょう。

 そして一番すごいのが、最高到達点の300mです。素人目線で言えばよく分からないが高いのだな、と思うかもしれませんが、歴代の女子バレー選手でこの高さに到達した選手はみんな180cm前後です。

 例えば、古賀紗理奈選手は180cmで305cm、荒木絵里香選手は186cmで304cmです。身長が174cmの石川真佑選手は、バレーボール選手として決して身長が高い選手ではないのです。でも、この最高到達点が出せるということは、ジャンプ力がすごいということになるのです。驚異的な数字をたたき出しています。
 

Sponsored Links
Sponsored Links

石川真佑選手の学歴(中学高校)

 さて、石川真佑さんの学歴についてですが、地元は愛知県岡崎市となっていますが出身中学は長野県の、長野市裾花中学校になっています。

 実はこの裾花中学校は、全国で名を馳せているバレーの強豪校なのです。特に、女子バレーボール部は、全国制覇の経験が多いことからこの中学校に入学したのでしょう。入部して、卒業までに全国大会に2度出場しています。さらに、キャプテンも務めていたようです。

 さらに、高校は東京都世田谷区にある下北沢成徳高校という、これもまた高校バレーボールの強豪校へと進学しています。木村沙織選手、荒木絵里香選手、黒後愛選手などの出身校でもあります。ここでも、石川真佑選手は部のエースとして活躍していたそうです。また、黒後愛選手と石川真佑選手は、高校の時は1年と3年で、同じチームメイトで、現在は全日本代表として再び同じ舞台で戦っているのです。

 石川真佑選手がいかに、バレーに力を入れてきたかがうかがえます。

Sponsored Links
Sponsored Links

石川真佑選手の姉や兄弟は?

 石川真佑選手にはお姉さんとお兄さんがおり、3きょうだいの末っ子です。名前を見て気づいた方もいるかもしれませんが、実はあの男子バレーボール日本代表で活躍している石川祐希選手です。お兄さんは、石川真佑選手にとっての目標の人物だそうです。

 そしてお姉さんは現在バレーボールをしていないものの、長女として先陣を切ってバレーボールを始めたそうです。名前だけはわかっており、石川尚美さんというそうです。画像などはありませんでした。

 おそらく、石川真佑選手がバレーボールを始めたきっかけは、お兄さんとお姉さんの影響が大きいものと思われます。きょうだい揃ってバレーボールをしていて、そのうち二人が現在日本代表として活躍しているなんてすごいですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

石川真佑選手の両親は?

 先ほど、きょうだいについて書きましたが、実はご両親もすごい経歴をもっていることが判明しました。

 実は、お父さんもお母さんもアスリートの経験を持っており、お父さんは実業団の元陸上競技選手で、お母さんは元実業団のバスケットボール選手だったそうです。高校までの部活ならまだしも、実業団でアスリートの経歴を持っているということは、なかなか優れた選手であったことがうかがえます。

 もしかしたら、子供たちは両親の並外れた運動神経をしっかりと受け継いでいるから全員がスポーツの経歴をもったアスリート一家となっているのかもしれませんね。しかしながら、それとは別に本人たちの努力の賜物でもあります。

Sponsored Links
Sponsored Links

石川真佑選手はミライモンスターに出演していた?

 石川真佑選手は、バレーボールの名門校である下北沢成徳高校のスタメン入りをなんと1年生にして果たしたこともあり、中学時代の活躍もあってかこの頃にミライモンスターというテレビ番組に出演していました。

 こちらの番組は、将来日本のアスリート界で活躍が期待できる若者たちを題材にした番組ですので、わずか16歳にしてスタメンを勝ちとった実績が話題を呼び、出演へとつながったようですね。

 この時からすでに世間から注目の的だったことがうかがえます。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

 女子バレーボールのワールドカップは、2019年9月14日~9月29日までで、本日9月16日には19時20分から韓国との試合があります。中継もされますので、ぜひご覧ください。また、男子は10月から開幕です。

 さて、石川真佑選手について調べていきましたが本人の実績もすごいですが家族もそろいもそろってアスリート一家だったことがわかりました。

 これからの活躍が期待できますね。今大会も、そして来年開催される東京五輪も、素晴らしいプレーをしてくれることを期待しています。

   

  DUGA