レンタルなんもしない人(森本祥司)の妻嫁子供との別居や収入は?大阪大学で経歴も


2018年から話題になっているレンタルなんもしない人。

今回はレンタルなんもしない人こと森本祥司さんのプロフィールや妻子供との別居について、経歴学歴について調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

ザ・ノンフィクションに出演

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、話題の“レンタルなんもしない人”に密着した『なんもしないボクを貸し出します ~「レンタルなんもしない人」の夏~』を、15日に放送する。

「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。常時受付中です。国分寺駅からの交通費と、飲食代等の諸経費だけ(かかれば)ご負担いただきます。お問い合わせはDMでもなんでも。飲み食いと、ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます」

そもそも、人は働いて稼がなければいけないのか? 何かをしないといけないのか? そんな疑問を抱く「レンタルなんもしない人」こと森本祥司さん(35)が貸し出すのは「何もしない自分」だった。それは文字通り、何もせずに一緒にいること。そのサービスがツイッターで広がると「なんもしない人」への依頼が殺到した。

番組では今年の夏、「レンタルなんもしない人」に次々に舞い込むちょっと変わった依頼に密着。「趣味のギターの練習を見守ってほしい」「タピオカドリンクを自分の代わりに飲んでほしい」「真顔で過ごさせてほしい」「“夢日記”を読んでほしい」などなど、人々は「なんもしない人」に何を求めているのか…。

引用:マイナビニュース

このように話題になっているレンタルなんもしない人がついにザ・ノンフィクションにも登場します。ザ・ノンフィクションに合っている方だと思います。

実際にどんな依頼があるのか気になりますよね。

こんなことにでも呼んでいんだ!と思えば依頼しやすくなるかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

森本祥司さんのプロフィール・経歴

名前:レンタルなんもしない人
本名:森本祥司(もりもとしょうじ)
生年月日:1983年
年齢:35歳
出身:兵庫県

レンタルなんもしない人こと森本祥司さんは35歳の方です。

東京都の国分寺に住んでいるようです。

2018年6月3日に上記の投稿をしてからどんどん話題になりました。

たった1年で相当有名になりましたね。複数のメディアに登場し依頼の内容によっては拒否もしたりしているようですが、かなり問い合わせが殺到しているようです。本なども出版しているようなので、どんどん有名になっていっています。

見た感じだと身長は175〜180cmくらいではないでしょうか?

元々は出版社に勤務していてフリーのライターになったそうです。その後レンタルなんもしない人の活動をはじめたようですね。なんとこれまでに1500件以上もレンタルの依頼を受けているんだそうです。

ちなみにザ・ノンフィクションで発言していたのですが多分発達障害ということを言っていました。

Sponsored Links
Sponsored Links

森本祥司さんの学歴(中学高校大学)

そして学歴についてです。中学高校は不明ですが、大阪大学というキーワードがありました。

調べると出版している本のプロフィールに『大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻修了』と記載がありました。

こちらのテロップにも名門大学・大学院を卒業したがと記載がありますね。

Sponsored Links
Sponsored Links

森本祥司さんが結婚した妻子供と別居?

そしてついにレンタルなんもしない人が妻と別居したということをツイートしました。

子供もいたようですが、住居がなくなり貸してくれる人も見つかったということでした。

ネットでは一般的な妻なら別居してしまうなどの意見も出ていました。確かに収入がない夫ですから普通なら離婚も考えてしまいますよね。


子供のことを考えても普通に収入ある仕事をしてほしいと思うのが普通かと思います。

しかし、このレンタルなんもしない人がもっと有名になってお金につながる何かができれば、もとに戻る可能性もありますね。

しかし当時レンタルなにもしない人をすると妻が聞いたときは結構楽観的だったようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

森本祥司さんの収入は?

そして収入についてです。基本的にはこの仕事だけをしているのかわかりませんが、依頼者から頂いているのは飲食代や経費、国分寺からの交通費だけです。

ですので、収入はほぼないといっても良いと思います。元々フリーのライターをしていてのレンタルなんもしない人の活動をしていたようなので、ライターの仕事が同時にしているかもしれませんね。

しかし上記のように謝礼をもらうこともあるようで、これがお金になっているようですね。

さらに漫画も販売されていますので多少なりとも印税があると思われます。また講演会などにもたまに出ていますので、それでお金をもらっている可能性もありますね。