クレイジージャーニーヤラセは爬虫類ハンター加藤英明?動画放送回やメキシコロケ前に準備していた生物を撮影


『消えた天才』に続いて『クレイジージャーニー』にもヤラセ問題が勃発したとサイゾーウーマンで取り上げられています。

そこで、8月14日の2時間スペシャルの放送でヤラセがあったということで、爬虫類ハンター加藤英明さんやヤラセの内容はなんだったのか調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

クレイジージャーニーにもヤラセ問題

複数の「映像加工」が判明し、放送休止となった『消えた天才』に続き、またしてもTBSの人気番組に不祥事が発覚したという。2015年より放送が開始され、視聴率もさることながら、DVDの売り上げも好調だという『クレイジージャーニー』にヤラセ問題が勃発。近く放送中止が発表されるという。同番組はつい先日、一部報道でスタッフのパワハラ行為も判明しているだけに、局内も混乱しているようだ。

 ダウンタウン・松本人志、バナナマン・設楽統、小池栄子の3人をMCに、世界を巡る“狂気の旅人(クレイジージャーニー)”を紹介する人気深夜バラエティ『クレイジージャーニー』だが、過去何度も放送され人気を博している「爬虫類/昆虫ハンター」の企画に関して、以前より視聴者からの問い合わせが相次いでいたという。

「社内調査によって、制作サイドがヤラセを認めたため、近く処分が発表されることになりそうです。放送はきょう11日も予定されているものの、発表次第では『消えた天才』と同じく、放送は差し替えとなり、当面の間は休止されるかもしれません」(TBS関係者)

引用:サイゾーウーマン

このように『クレイジージャーニー』でもヤラセがあったということはとても悲しいですね。クレイジージャーニーはとてもおもしろい番組でクレイジーな内容を放送していただけあって、ヤラセの内容もクレイジーにしてしまっていたんですね。。。

クレイジージャーニーのような面白い番組が放送休止になったとしたら本当にショックです。

Sponsored Links
Sponsored Links

クレイジージャーニーのヤラセ企画の内容は?

視聴者からもヤラセではないか?と問い合わせが多数あったと言いますが、今回サイゾーウーマンで出ていたヤラセ企画は「爬虫類/昆虫ハンター」と記載があります。

爬虫類ハンターは加藤英明さんですが、そもそも昆虫ハンターという企画はそもそもやっていません。ですからサイゾーウーマンの記事の内容はちょっとおかしいですね。

加藤英明さんは爬虫類専門ですから昆虫ハンターではありません。となると昆虫で考えられるのは昆虫食愛好家の愛さんについてです。サイゾーウーマンの記事の昆虫食ハンターという記述がはっきりしないので、これは信憑性にかけるかもしれません。

どの放送回の内容がヤラセだったかということについてはわかっていません。簡単に爬虫類が見つかっているような感じもしたので、もしかして、爬虫類をその場で放してたまたま見つけたように装っていた可能性もあります。

Sponsored Links
Sponsored Links

ヤラセの内容は爬虫類を事前に用意していた

公式サイトによると「8月14日放送の『クレイジージャーニー』2時間スペシャルと、その日の深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送しました。

放送で紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査でわかりました」とし「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪。「今回の事態を私どもは重く受け止め、当番組は調査が完了するまで休止します」と発表した。

 また、この爬虫類ハンター企画で、過去にも同様の手法がなかったかどうか調査をすすめているとし、現時点では「過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています」とも発表している。

引用:ライブドアニュース

先程のサイゾーウーマンの記事ではあやふやでしたが、クレイジージャーニーがHPにて正式にヤラセだと話したので、はっきりしました。昆虫は関係なく、爬虫類ハンターの企画だけだったようです。

この内容を見ると、加藤英明さんは悪くないってことですかね?加藤英明さんもこのヤラセに協力していたのでしょうか?そこがはっきりしていません。加藤英明さんがヤラセに加担していたのならショックです。。。

爬虫類を見つけた時のあのクレイジーっぷりも演技だったのでしょうか?

8月14日の放送だけでなく、過去10回の放送でもヤラセがあったようなので、これはちょっと酷いですね。。。

Sponsored Links
Sponsored Links

8月14日のヤラセ放送の動画と事前準備した生物

とりあえず分かっているのは上記の動画の回のようです。そしてクレイジージャーニーのHPには事前準備した生物が公開されていました。

メキシコロケで事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況は以下の通りです。

1.メキシコサラマンダー 現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。
2.アリゲータートカゲ 地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。
3.メキシコドクトカゲ 現地協力者が個体を岩の下に放ちました。
4.ヘルメットイグアナ 取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。

引用:クレイジージャーニー

ツイッターに以下画像が残っていました。

過去10回の放送で、事前に準備した11種類の生物は以下の通りです。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル
・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア
・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル
・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類

引用:クレイジージャーニー

うーんこれは多いですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

爬虫類ハンターの加藤英明

まず、今回ヤラセが発覚したのは、爬虫類ハンターについてです。

爬虫類ハンターといえば加藤英明さんしかいませんね。加藤英明さんは現在40歳ほどで、爬虫類学者で静岡大学教育学部講師です。最近はクレイジージャーニーの他にも多数爬虫類専門家としてテレビ出演していますよね。

クレイジージャーニーの中でも加藤英明さんはダントツに面白い企画の人なので、この放送が見られなくなるとしたら本当に残念です。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声