貴ノ富士(貴公俊)が暴行した付け人は誰で名前特定で引退も?改名理由は貴乃花が命名?


貴ノ富士こと旧貴公俊がなんとまたもや付け人に暴行していたことが発覚しました。

今回は貴ノ富士が暴行した内容や付け人について、なぜ貴ノ富士に改名したのか調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

貴ノ富士が2度目の暴行

日本相撲協会は3日、西十両5枚目の貴ノ富士(22=千賀ノ浦)が、付け人の序二段力士に暴力を振るったと発表した。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)がこの日午後、都内の相撲協会を訪れ、鏡山コンプライアンス部長(元関脇多賀竜)に報告。秋場所(8日初日、東京・両国国技館)を謹慎休場するという申し出を了承された。

貴ノ富士は、貴公俊のしこ名だった改名前の昨年3月の春場所8日目にも、別の付け人を何度も殴る暴行。今後、コンプライアンス委員会で処分が決まるが、繰り返しの暴力に、解雇など重い処分が下される可能性もある。

暴力は8月31日の稽古総見後、部屋に戻ってから起きた。被害者力士は1日まで部屋で過ごしたが、2日朝になって不在となったことが分かった。千賀ノ浦親方が連絡を取って事情を聴いたところ、貴ノ富士の暴力が判明。2日深夜に詳細を把握したため、この日の報告となった。

引用:日刊スポーツ

あれだけ騒動になってまた暴行をしたなんて驚きですね。自分の感情をコントロールできない人間なのでしょうか?これだとちょっと親の育て方にも問題がでてくるのではないでしょうか?人に暴行をする人は、親にも暴行されていたことが多いようです。

被害者力士は、病院には行っていないほど外傷はないようです。しかし、部屋に不在になっていたということで、暴力を受けての行動だったのでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

貴ノ富士が暴行した付け人は誰?

日本相撲協会は3日、西十両5枚目の貴ノ富士(22=千賀ノ浦)が、付け人の序二段力士に暴力を振るったと発表した。

引用:日刊スポーツ

そして今回、貴ノ富士が暴行した付け人についてです。ニュースには『序二段力士』ということが記載されています。そこで千賀ノ浦部屋の序二段の力士を見てみました。

その結果序二段は以下の4名でした。

東序二段二十一枚目:貴正樹(たかまさき)
西序二段三十枚目:若洸闘(わかひろと)
東序二段三十二枚目:貴大将(たかたいしょう)
西序二段三十四枚目:優力(ゆりき)

残念ながらどの力士が暴力を受けたまでは特定はできませんでしたが、序二段ということで4名に絞られました。

Sponsored Links
Sponsored Links

貴ノ富士が貴公俊から改名した理由は?

相撲に疎い方は誰だ?と思うでしょう。実は貴公俊から改名していたんですね。しかし改名しても暴力をしてしまっては改名の判断はよくなかったのかもしれませんね。

そして改名理由ですが以下のようです。

2018年10月1日の理事会で、千賀ノ浦部屋(小結・隆三杉)への移籍が承認された。2019年1月場所より、貴ノ富士 三造に改名。この四股名は、入門時の師匠の貴乃花が、玉ノ富士と北の富士に肖って命名したものであり、部屋の移籍などが落ち着くのを待って名を改めた。

引用:wikipedia

つまり貴乃花が命名したようです。はっきりとした改名理由ではないですが、暴力事件から心機一転ということだったんでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声