桐永洋(報ステチーフプロデューサー)の顔画像や経歴学歴は早稲田大学で森葉子アナにキスセクハラ更迭?


報道ステーションのチーフプロデューサーKがセクハラをして更迭されたということが話題です。

今回は桐永洋さんとされるプロデューサーについて、そしてキスセクハラされたのが森葉子アナということでまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

報ステのセクハラプロデューサーKが話題

“身から出たサビ”だ。テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭された。いったい何があったのか。

「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)

 K氏は40代後半の妻子持ち。昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。

「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出のテレ朝関係者)

引用:ヤフーニュース

なんとニュース記事を見ると『無理やりキスをされ、家に押し入られそうになった』と書いてあります。これはもうセクハラというより性犯罪に近いのではないでしょうか?立場を利用した悪質なセクハラです。

しかも妻子がいるということで不倫ですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

プロデューサーKが桐永洋と話題

 安倍首相の“メシ友”早河洋会長の方針で、権力批判報道への圧力が強まり、安倍政権への忖度報道や御用番組がやたら増えているテレビ朝日だが、その典型が、看板報道番組『報道ステーション』の変化だ。本サイトで度々報じてきたが、始まりは昨年7月、チーフプロデューサーが早河会長の子飼いである桐永洋氏に交代したことだった。

以来、桐永チーフプロデューサーの方針で、政権批判や権力監視の報道がどんどん少なくなり、代わりに当たり障りのないスポーツニュースがメインに。さらに、9月には、ジャーナリスティックな姿勢で視聴者から支持されていた小川彩佳アナを同番組から追放。代わりに、早河会長のお気に入りである徳永有美アナをメインキャスターに抜擢した。

「その後、視聴率伸び悩みやメディアからの批判で、政治報道はやや元に戻りましたが、桐永チーフP自体は相変わらず、安倍政権を忖度し、批判報道に圧力をかけまくっていました。参院選の少し前には、現場が自民党の選挙戦略を取り上げようとしたのを潰したということもあった」(テレビ朝日政治部記者)

ところが、その『報ステ』最高責任者で、テレ朝の安倍忖度の象徴とも言える桐永氏が突如、更迭されるという事態が起きた。言っておくが、テレ朝がジャーナリズム精神を取り戻したわけではない。なんと、桐永氏のセクハラが発覚したのだという。

 事実が発覚したのは、8月30日夕方、テレビ朝日の懲罰委員会が社内向けにこんな不可解な処分通達を出したことだった。

「社員として相応しくない行為があったことにより、就業規則に基づき、社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行なった」

 通達は懲罰委員会によるもので、深刻な不祥事と思われたが、当該社員の名前はおろか、肩書きすら記載されていなかったため、ほとんどの社員は何のことかわからなかったらしい。

だが、同じ日の深夜、『報道ステーション』放送後の定例反省会の最後、「当番組のチーフプロデューサーが3日間の謹慎の処分になり、異動になる」ということが報告された。それで、処分された社員が桐永チーフプロデューサーであること、そして同番組から外れることがわかったのだという。

そして、本サイトが取材した結果、その「不適切言動」とは、アナウンサーや女性スタッフに対するセクハラであることがわかった。

引用:リテラ

こちらの記事にはプロデューサーKについて名前が記載されていました。それは桐永洋さんという方だそうです。

先程のヤフーニュースの記事の中の『早河洋会長の子飼いだと指摘されていた』という部分と上記の記事の『チーフプロデューサーが早河会長の子飼いである桐永洋氏に交代したことだった。』という部分が一致しますね。イニシャルもKです。そしてセクハラだったということも書かれています。

Sponsored Links
Sponsored Links

桐永洋さんのプロフィール(経歴学歴)


名前:桐永洋
生年月日:1970年
年齢:48or49歳
出身:広島県
学歴:早稲田大学

桐永洋さんは広島県出身で早稲田大学を卒業後、1993年にテレビ朝日に入社したベテラン社員だと言います。

・ニュースステーション ディレクター
・社会部記者
・ロサンゼルス市局長
・スーパーJチャンネル デスク
・編成部報道情報担当部長
・グッド!モーニングチーフプロデューサー

このような経歴だそうです。

妻も子供もいるならアナウンサーを狙ったセクハラだなんて許せませんね・・・・!

Sponsored Links
Sponsored Links

セクハラ被害にあったアナウンサーは誰?

「『報ステ』にも出ているアナウンサーや、以前担当していた朝の情報番組『グッド!モーニング』から『報ステ』に連れてきた複数の女性スタッフにセクハラをはたらいていたという問題のようです。何人かの被害女性がコンプライアンス室に告発して、懲罰委員会が開かれ、処分が発表になったという経緯のようです。懲罰委員会にかけられていたことからもわかるように、セクハラの内容は、性的な言葉を口にしたというレベルでなく、職権を利用した相当に悪質なものらしい」(テレビ朝日関係者)

引用:リテラ

なんと先程の記事にも記載がありましたが、報ステに出ているアナウンサーにもセクハラしていたそうなんです・・・これ特定できちゃうんじゃないですかね?

あのテレビの前で話していたアナウンサーがセクハラされていたなんて・・・!

※2019年9月4日追記

セクハラ事件が起きたのは5月4日未明のこと。加害者は「報道ステーション」の桐永洋チーフプロデューサー(49)。被害にあったのは同番組のフィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー(33)である。

 森アナは、4月から番組に起用されたばかりの“新顔”で、対して桐永氏は“番組の最高権力者”。ゆえに気をつかった森アナ、桐永氏に誕生日プレゼントとして、1000円程度の焼き菓子を贈ったという。これが引き金となってしまった。

引用:デイリー新潮

このようにデイリー新潮でキス被害にあったのが森葉子アナだと報じられていました。

40後半のおっさんにキスされるだなんて気持ち悪すぎですね!!!!

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声