上野宏史のカラオケ秘書やネオキャリアあっせん担当は誰?経歴学歴や義父も議員


上野宏史厚生労働政務官が外国人労働者の在留資格を法務省に口利きした見返りにネオキャリアから金銭を求めていたと週刊文春で報じられました。

そこで今回は、上野宏史厚生労働政務官のプロフィールや経歴と高校大学などの学歴、秘書やネオキャリアのあっせん担当は誰だったのかなどまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

法務省口利きで金銭授受?

 上野宏史厚生労働政務官(48)が、外国人労働者の在留資格を巡り、法務省に“口利き”し、その見返りに金銭を求めていたことが「週刊文春」の入手した音声記録から分かった。

 東京都新宿区に本社を構える人材派遣会社「ネオキャリア」(以下ネオ社)は、全国の飲食店やドラッグストアなどに外国人を派遣している。彼らの在留資格を取るため、各地方の法務省外局「出入国在留管理局」に大量の交付申請を行っていた。

 上野事務所にはネオ社から在留資格申請中の外国人187人分のリストが送付されており、それに基づいて法務省に問い合わせを行っていたことも判明した。

 この申請を巡り、今年6月、上野政務官は政策秘書A氏に対し、次のような発言をしていた。

「(在留資格認定証明書の交付を)早くしたっていう実績をウチが作ってあげて、その分ウチは(もらう金額を)交渉して、これを党費にあてようと思って。(交付申請が)100人だから、(1件2万円で)200万円」

 音声記録の中には他にも上野氏が「うちがネオキャリアからお金もらう案件でやってんだから」「僕がもらうはずのお金」などと口にする様子や、A秘書が「これあっせん利得になっちゃいますよ、代議士」とたしなめる場面も含まれている。

 元東京地検検事の落合洋司弁護士が指摘する。

「国会議員や秘書が、国が締結する契約などに関し、請託を受けて、権限に基づく影響力を行使して公務員に職務上の行為をさせるようあっせんし、報酬を得ることはあっせん利得処罰法違反となります」 

引用:週刊文春オンライン

この音声のように、はっきりと金銭の授受があったような発言が聞き取れますね。これが本当ならネオキャリアのほうも良くないことになりそうです。

秘書が録音していたということは前々から不審に思っていたとかパワハラを受けていた可能性もあります。音声の最後の方で『じゃあ26万円持ってきてください』と秘書に言っています。秘書にお金を要求するなんてありえないですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野宏史厚生労働政務官のプロフィール経歴

名前:上野宏史(うえのひろし)
生年月日:1971年2月23日
年齢:48歳
出身:宮城県仙台市
職業:自由民主党所属の衆議院議員(2期)、厚生労働大臣政務官

上野氏は、宮城県出身で現在48歳の政治家です。大学卒業後の1994年に現経産省の通商産業省に入り、その後2010年に経産省を辞めて参議院選挙に出馬して当選します。

2012年には、参議院議員を辞職後に衆議院総選挙に立候補して当選します。2017年には2選目となり、2018年に第4次安倍改造内閣で厚生労働大臣政務官に任命されます。

ちなみに急性は小林ということですが、婿養子に入ったかもしれません。義父が内閣官房副長官だった元参議院議員の上野公成さんだそうです。その娘さんと結婚したようですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野宏史厚生労働政務官の学歴(高校大学)

そんな上野氏の学歴ですが凄いです。

・開成高等学校
・東京大学経済学部
・ハーバード大学ケネディスクール

ハーバードについては、2003年ですので、経産省に入った後に通ったと思われます。

高校から開成ですので、もうかなり頭が良いですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野宏史厚生労働政務官の秘書は?カラオケと関係?

そして上野氏の秘書ですが、調べるとカラオケというキーワードが出てきました。調べるとなんとテレビ東京で放送されたカラオケバトルの番組に出演した小松ミユキさんだそうです。

秋田県出身で群馬在住だそうです。日本とトルコのハーフのようで、現在も上野氏の秘書なんだそう。てか中島美嘉のORIONで100点満点って神じゃないですか笑

しかし、今回録音したという上野氏の秘書はこの方ではないかと思われます。週刊文春の動画のシルエットも男の人でしたし、他にも秘書がいる可能性がありますね。

『政策秘書A氏』と週刊文春にはキーワードが出ていますから、小松ミユキさんとは別人だと思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野宏史厚生労働政務官のネオキャリアあっせん担当は?

そして今回、上野宏史に金銭を渡していたのではないかと報道されているネオキャリアについてです。

ネオキャリアは人材派遣会社としては有名ですが、外国人労働者を多数管理していたんですね。

在留資格については、法務省が承認するのか、口利きすればすんなりと外国人が働けるようになるようですね。

では、気になるのは、ネオキャリアで上野氏とやりとりしていた人は誰かということです。誰なのかはまだはっきりしていませんが、ネオキャリアグループ代表の西澤亮一氏の今後の対応が気になりますね。

Sponsored Links
Sponsored Links

上野宏史厚生労働政務官が辞任へ

厚生労働政務官を務める自民党の上野宏史衆議院議員は、先週発売された「週刊文春」で、外国人労働者の在留資格の認定をめぐって、法務省に口利きを行う見返りに、東京都内の人材派遣会社に金銭を求めていたなどと報じられ、野党側が27日に開いた会合では、速やかに説明責任を果たすよう求める声が相次いでいました。

これを受けて、上野氏は「金銭の要求など不正なことはしていないが、政府に迷惑をかけたくない」などとして、政務官を辞任する意向を固め、周辺に伝えました。

引用:NHKNEWS

上野氏は週間文集の報道を受けて、辞任をする意向を固めたということでした。さすがに今回の件は言い逃れできない不祥事ですよね。口利きしていたということですが、法務省の担当者やネオキャリアの担当についても処罰されないといけないような気もします。

辞任ということで結構早い動きでしたね。

Sponsored Links
Sponsored Links

週刊文春が新たな録音データ公開

「週刊文春」が報じた外国人在留資格を巡る口利き疑惑により、厚生労働政務官を辞任した自民党の上野宏史衆院議員(48)。

 しかし、疑惑については「法令に反する口利きをした事実はない。報道は大変遺憾だ」とコメントを出しただけで、一切公の場で説明していない。

 このほど、「週刊文春」では、さらに疑惑を深める新たな音声を入手した。

 そもそも上野氏の疑惑は、人材派遣会社「ネオキャリア」(以下ネオ社)が派遣する外国人の在留資格について、法務省に少しでも早く許可が出るよう口利きすることで、同社からカネを得ようと画策したもの。小誌は当初、上野氏が政策秘書A氏との打ち合わせの席で「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだ」「1件につき2万円」などと語る生々しい録音データを入手、すでに公開している。

 新たな録音データは、ネオ社を上野氏に紹介した女性経営者N氏と上野氏の会話だ。これは上野氏が「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだ」と発言した翌日に、N氏を議員会館に呼び、打ち合わせを行った際のもの。そこには、こんなやり取りが収められている。

N氏「私、手間がすんごいかかるって、ちょっと、わざと(ネオ社に)言っていて(笑)。言った方が値上げできるんで~。(略)高値で売りたいんですよね」

上野氏「許可も極力速やかに出すようにするので、そこで2万ずつ手数料もらうだけでも、まあ月に100万でも入れば」

N氏「そう。私ももうちょっと値上げとか取れる所があると思ったんで(後略)」

上野氏「3とか5(万円)にするとか」

 まさに法務省に口利きをして利得を得るための計画を上野氏は自らの口で語っている。

引用:週刊文春オンライン

週刊文春がさらに新たな音声データを公開しました。ネオキャリアを紹介した会社の経営者がいたようで、女性経営者N氏というのが気になりますね。

これは真っ黒だといわれてもしょうがない内容です。