LINEプレイ不倫のAOKI執行役員A氏は誰で名前は?複数の女性と出会う禁断の方法も



LINEプレイで不倫をしていたとして、AOKI執行役員A氏がフライデーに証拠を抑えられたようです。AOKI執行役員A氏は誰で名前はどうなっているんでしょうか?

今回は、AOKI執行役員A氏について調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

AOKI執行役員がLINEプレイを使い不倫

そんなA氏は「LINEプレイ」を出会い系代わりに使っていたという。

「アバターと呼ばれる自分のキャラクターを作って、オンライン上で他のユーザーと会話をしたり、ゲームしたりするアプリです。LINE社が運営しており、累計利用者は6500万超。40代前後が多く、気軽に話しかけられ、携帯電話の番号を知られずLINEでやりとりできるので、出会い系目的で使う人も増えています」(IT専門記者)
引用:週刊文春

週刊文春によると、「風俗と一緒ですから……」AOKI執行役員“LINEプレイ”を使った不倫の手口というタイトルと共に、上のような内容が書かれていました。内容をまとめると、AOKI執行役員のA氏が、「LINEプレイ」を利用して不倫をしていたということが判明しています。

AOKIの執行役員Aということは単純に考えると、AOKIに関連する人の青木という人たちなのかと思います。ただ、そのうちの誰が行っていたのかはわかりません。AOKIの執行役員のAが不倫をしていたとしても、私たちには問題はありません。問題となるのは、AOKIの執行役員Aという人と対する女性の人の方です。双方は同意していたのかもしれませんが、お互いに妻子持ちということになれば問題になるかもしれませんね。

Sponsored Links
Sponsored Links

AOKI執行役員A氏は誰?

A氏について週刊文春から次のような情報も出ていました。

「私がA氏に誘われて会ったのも平日の昼。5、6年前からLINEプレイで複数の女性と出会っているとか、50代の既婚者で『家族には悪いと思っていない』と話していました。名刺も貰いました」
引用:週刊文春

A氏は既婚者で50歳ということのようです。そうなると誰なのかが結構絞れてくるでしょう。ただ、先ほどの人達の年齢について調べても詳細がわからず、特定までには至りませんでした。家族には悪いと思っていないというのはどうなでしょうね?も

う愛情も何もないというのであれば、普通に離婚をしてあげた方が良い気がします。今回の不倫が発覚してしまうと、離婚調停などで奥さんの方が凄く有利になってしまうかと思います。週刊文春の報道はだいたい事実が多いので、AOKIのA氏はどうするのか気になるところですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

LINEプレイを使った出会いの方法は?

「アバターと呼ばれる自分のキャラクターを作って、オンライン上で他のユーザーと会話をしたり、ゲームしたりするアプリです。LINE社が運営しており、累計利用者は6500万超。40代前後が多く、気軽に話しかけられ、携帯電話の番号を知られずLINEでやりとりできるので、出会い系目的で使う人も増えています」(IT専門記者)
引用:週刊文春

週刊文春の内容によると、オンライン上でアバターを使ってやりとりを行うもののようです。実際にLINEプレイを使った出会いの方法も調べてみました。やり方自体は簡単なようです。LINEの運営側で作られた部屋があります。そこで、オンラインの人たちと仲良くなったり、「LINEカフェ」という者があるようです。そこで仲良くなったりするという方法があるようです。今回はそこで連絡先を交換したようです。

しかし、実際にLINEの利用規約では実際に会うことはNGとなっていました。「今度お茶でも飲みにいきませんか?」という連絡先を教えるでもなく、微妙なラインの言葉でやりとりをしていたことでギリギリセーフだったのでしょう。ただ、今回のことが公になることで今後はもっと厳しい規約になるかもしれませんね。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声


https://twitter.com/uminoburi/status/1160480555160358912