久美沙織の経歴プロフィールや顔画像と本名年齢は?リュカ(ドラクエ5小説名前)を無断使用で提訴!


8月2日から公開になったドラゴンクエストユアストーリーの映画ですが、小説版ドラクエ5の作者である久美沙織さんがユアストーリーで主人公に使われた名前の『リュカ』が小説の名前からとったもので無断使用されたと製作陣を提訴しました。

そこで今回は、久美沙織さんのプロフィールや騒動をまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

ドラクエ映画で主人公の名前が無断使用?

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の制作者委員会を相手取り、小説家の久美(くみ)沙織さんが民事訴訟を起こしたことが2019年8月2日、分かった。

久美さんは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」の、ノベライズ版の作者。小説のキャラクターの名前が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めている。

「水を差すこともしたくはなかった」人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が、8月2日に公開された。

久美さんは同日、ツイッターで自身の著書『小説ドラゴンクエスト5―天空の花嫁』(エニックス<現スクウェア・エニックス>)の主人公の略称「リュカ」を無断で使用され、本名の一部も改変されたとして、使用許諾契約の締結や映画のクレジットへの自身の名前の掲載などを求め、長野地裁に提訴したと発表した。訴状は8月2日付。

久美さんは報道向けの発表文で、「ドラゴンクエストVを映画化するにあたり、主人公の名にリュカを使うとしたら、それは私の小説が存在したゆえで、また、その読者のかたがたが多数おられたからだと思われました」と提訴に踏み切った理由を説明。

続けて、「訴訟の請求事項は名誉回復のみであり、金銭賠償の請求はしておりません。また、映画の上映差し止めも請求しておりません。楽しい映画ですから、多くのかたにご覧頂きたいと、心底、思っております。本当は本件訴訟のような水を差すこともしたくはなかったのです」と心境を明かし、「ファンのみなさまにおかけするご迷惑ができるだけ少ない方法で、事後承諾でいいので、契約し、クレジットしていただければ十分です」と要望した。

引用:ライブドアニュース

この通り、久美沙織さんは『リュカ』という名前の使用について、クレジットしていただければということを言っています。元々の著作はスクエニ側にあるかと思いますが、さすがに『リュカ』という名前を使ったとまでなれば、許諾をとるのは当たり前ですよね。そうでないと全ての作者に対して失礼になってしまいますね。

映画が公開されたばかりなのにこのようなことになってしまって残念ですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

久美沙織さんのプロフィール・経歴

名前:久美沙織(くみさおり)
本名:波多野稲子(旧姓:菅原)
生年月日:1959年4月30日
年齢:60歳
出身:岩手県盛岡市
職業:小説家

久美沙織さんは、岩手県盛岡市出身で現在60歳の小説家の方です。学歴は以下。

・大田区立大森第六中学校
・岩手県立盛岡第一高等学校
・上智大学文学部哲学科

現在は長野県軽井沢市に住んでいるようです。

1979年から小説家としてデビューしたようで、それを考えると小説家としてはもう40年ということですよね。相当長いです。『丘の家のミッキー』という小説が大人気となったようで、ここから売れだしたのかもしれません。

その後、ゲーム関連の『MOTHER』からはじまり、ドラクエの小説も手掛けることに。ネットでの評価はかなり良いようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

久美沙織さんの作品

では久美沙織さんはどのような作品を書いてきたのでしょうか?

まずゲーム関連ですが以下です・

・MOTHER
・ドラゴンクエストIV
・ドラゴンクエストV 天空の花嫁
・ドラゴンクエストVI 幻の大地
・ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説
・小説アンジェリーク異聞 剣豪倉菱無関心之助
・天地創造- Light in the darkness

ドラクエは天空シリーズを全て担当したんですね。しかもこのドラクエシリーズのイラスト担当がテイルズで有名ないのまたむつみさんということがミソですよね。

SFファンタジーは以下。

・ドラゴンファーム
・ソーントーン・サイクル
・獣虫記
・腐敗の帝王
・ここは魔法少年育成センター
・プリンセス・ストーリーズ
・グイン・サーガ外伝23 星降る草原

タイトルを見るとすごいですね。女性が書いているイメージのないタイトルです。やはりゲーム好きから来ているのでしょうか。

他にもミステリーやホラーなど様々なジャンルの小説を多数出版しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声