愛媛県警松山東署の誤認逮捕担当刑事や女子大生は誰?名前実名や顔画像と警察官が取り調べ自白強要


愛媛県警松山東署でタクシーの社内から現金とセカンドバッグを盗んだとして逮捕された20代の女子大生が誤認逮捕だったとして釈放していたことがわかりました。

そこで、女子大生が弁護士を通じて、執拗に自白強要されたという内容の手記を公開しました。

今回は、愛媛県警松山東署で女子大生に自白強要させた刑事は誰なのか、調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

愛媛県警で誤認逮捕

愛媛県警は22日、タクシーから現金などを盗んだとして、松山東署が窃盗容疑で女子大生を誤認逮捕し、2日後に釈放していたと明らかにした。ドライブレコーダーの映像を分析して逮捕し、実名で報道発表したが、女子大生はタクシーに乗っておらず、容疑を否認していた。副署長らは女子大生に謝罪した。

 県警によると、1月9日午前2時10分ごろ、松山市清水町で、乗っていたタクシーの車内から現金約5万4千円とセカンドバッグなど5点(時価計約2万2千円相当)を盗んだとして、今月8日に窃盗の疑いで女子大生を逮捕した。

 県警は、ドライブレコーダーの映像に写った犯人と顔が似ていたため、逮捕してしまったとしている。女子大生は今月10日釈放され、再捜査で別の若い女性が容疑者として浮上した。

引用:産経新聞

誤認逮捕、冤罪ほんとうに許せませんね・・・逮捕してしまったじゃ許されませんよ本当に。こういうの本当に胸くそ悪いですよね。

でも本当に釈放されてよかったです。。。(泣)

Sponsored Links
Sponsored Links

誤認逮捕された女子大生が手記を公開

松山市の女子大学生が窃盗の疑いで県警に誤認逮捕された問題で、1日、大学生の弁護側が任意の取り調べで「執拗に自白を強要された」とする本人の手記を発表しました。

1日午前、女子大学生の担当弁護士が県庁で記者会見し、誤認逮捕された大学生本人の手記を発表しました。

手記では2度に渡る任意の取り調べの際に一貫して犯行を否認する女子大学生が「本当の犯人を捕まえてください」と話すと、取り調べにあたった警察官は「犯人なら目の前にいるけど」と発言。

「就職も決まっているなら大事にしたくないよね君が認めたら終わる話」など、女子大学生を犯人と決めつけ自白を強要するような言葉を執拗にかけられたなどとしています。

引用:FNN

そして今回の誤認逮捕で、なんと担当した刑事が自白を強要していたというんです。以下が取り調べのときに言われた言葉だそうです。

「犯人なら目の前にいるけど」
「やってないことを証明できないよね?」
「タクシーに乗った記憶ないの? 二重人格?」
「いつ言うのか待ってるんだけど」
「罪と向き合え」
「就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね?」
「ごめんなさいをすれば済む話」
「また取り調べか、とか思ってるんだろう。認めないと終わらないよ」

これは本当にありえませんね。なぜここまで確信を持って言えるのかが謎です。

Sponsored Links
Sponsored Links

誤認逮捕された女子大生は誰?

松山東署は逮捕した日に女性を実名で報道発表し、「女性は調べに対し『何も話しません』と話している」と説明した。釈放後に裏付け捜査を進め、今月18日に誤認逮捕が確定。本人への謝罪などを済ませるまで事案の公表を控えたという。別の容疑者については捜査を継続している。

引用:毎日新聞

そしてこのように誤認逮捕女子大生は、実名でも報道されたということです。つまり本名で逮捕されたと公表されてしまったようです。

この女子大生のことを調べてみましたが、どの方なのかはわかりませんでした。こうやって検索しても出てこないというのは良いことですね。

しかし、友人などには一度逮捕されたと知られてしまった可能性が大きいので、それだけでも精神的にきますよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

誤認逮捕した刑事は誰?

では一番重要な、この自白強要した刑事についてです。そもそも刑事としてはあるまじき言葉遣いですよね。

自白強要した言葉についても普通こんなこと言います?って内容です。

残念ながらこの刑事は誰なのかわかっていません。早く名前を実名発表してほしいですね。

しかも担当刑事からまだ謝罪の言葉もないってありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

女子大生に50万円の見舞金

捜査関係者によると、県警は捜査の過程で、女性に弁護士費用など金銭的な負担を生じさせたと判断。互助会から約50万円を支払ったという。「現時点で違法性があったと決まったわけではなく、あくまでお見舞金という形」だという。県警刑事企画課は支払いの有無について「相手がおられるのでお答えできない」としている。

一方、法務省の被疑者補償規程では、検察から嫌疑なしとされるなど要件を満たせば「1日千円以上、1万2500円以下の割合による額の補償金を本人に交付」と定められており、弁護士は会見で、この補償についても松山地検に申し出ていることを明らかにしている。

引用:ヤフーニュース

※2019年8月23日追記

このように見舞金として50万円を渡したということだそうです。50万円で済むと思っているんですかね。自白強要って普通に関して脅迫罪ですよね。ありえません。

お金で解決したと思っているようなら本当に悔しいですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声