青葉真司の京アニ応募の小説本の名前や内容は?岩崎隆一との共通点も調査


青葉真司容疑者が京アニに小説の公募に応募していたというということがわかりました。青葉真司容疑者が応募した時の本の内容や名前はなんだったのでしょうか?これが事実なら京都アニメーションにも問題が出てきてしまいます。

また、京アニの事件から青葉真司容疑者と川崎スクールバス事件の岩崎隆一容疑者と共通点があったのでは?という声が上がっています。どういった点だったのでしょうか?
今回は、青葉真司容疑者の本と岩崎隆一との共通点についてみていきます。

青葉真司が京アニに小説の公募に応募していた

「京都アニメーション」のスタジオが放火され、35人が死亡した事件で、会社側は、過去に行った小説の公募に、青葉真司容疑者と同姓同名の人物が応募していたことを明らかにしました。

京都アニメーションの弁護士が30日夕方、報道各社に対して送ったメールによりますと、小説の公募に応募していたのは、青葉容疑者と同姓同名の人物で、これまでに報道された住所の一部と一致していたということです。
引用:NHK NEWS WEB

青葉真司容疑者が京都アニメーション側に送った小説公募に応募したという事実が明らかになっています。しかも、京都アニメーションの弁護士というお墨付きです。青葉容疑者は事件当日に「小説を盗まれたからやった。社長を呼べ」ということを発していました。何かしらの理由で誰かがその案を使ってストーリーを作り上げたこともあるかもしれません。

いずれにせよ、どれくらいの内容が使われていたのか、どういう経緯で同じようなものになったのかがわかっていません。続報を待ちましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

青葉真司が応募した小説に類似点はなかった

京都アニメーションは、これまで制作した作品と、青葉容疑者と同姓同名の人物が応募した小説との関連について、「同一または類似の点はないと確信しております」としています。
引用:NHK NEWS WEB

青葉真司容疑者が書いた内容について、京都アニメーション側は「同一または類似の点はないと確信しております」と話していますが、まだ捜査段階ということなので100%京都アニメーションの話が正しいということではありません。

ただ、青葉容疑者が書いていた内容と京都アニメーションの内容が同じだとこれはこれで問題となってしまいます。ただ、青葉容疑者は罪もない人も巻き込んでいるのでそれはまずかったです。橋下徹さんが「関係もない人を…」とコメントされていましたが、まさにそうですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

青葉真司が応募した小説の名前や内容は?


青葉真司容疑者が応募した小説の名前や内容はまだ報道されていません。現在小説の件でわかっている内容は、青葉容疑者と同姓同名の人物で、これまでに報道された住所の一部と一致していたということのみです。

警察が捜査していく中で、どこの部分がどういう風に似ていたということが詳しくされると思います。続報を待ちましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

青葉真司と岩崎隆一の共通点は?


青葉真司容疑者と川崎スクールバスの岩崎隆一容疑者には共通点があると言われています。

内容を簡単にまとめてみました。

青葉真司容疑者
小学3年生の時に両親が離婚
タクシー運転手の父親とともに埼玉県に移り、そこで真司の兄と妹と父子四人で暮らしていた
中学時代はいじめ
父親が亡くなった後に頼れる人がいなかった

岩崎隆一容疑者
4〜5歳の幼稚園の時に両親が離婚
父親も母親も、隆一に会いに来た形跡はない
預けられた先ではツギハギの服を着させられていて愛情がなかった

青葉真司容疑者と岩崎隆一容疑者の共通点としては、幼い頃に母親に捨てられていて、その後に精神的に頼れる人がいなかったということです。何か問題を起こした人の過去を辿ってみると、意外とこういうことが多かったりします。

青葉真司容疑者と岩崎隆一容疑者の両方の事件も結局小さい頃に、誰かにしっかりと寄り添ってもらっていれば、問題を起こすことがなかったかもしれないと思うと残念ですね。