社会人3年目の一人暮らしサラリーマンの貯金額の平均はいくら?

Sponsored Links
Sponsored Links

社会人三年目になると、もう仕事も軌道に乗ってリーダーや責任あるポジションを任されている人もいると思います。1,2年目と比べて収入も安定し、余裕を持った生活もできている頃ではないでしょうか?

では社会人3年目の人の貯金の割合はどうなっているのでしょうか? 今後どの程度貯金をしていくのがいいのでしょうか?ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

①意外!? 貯金額が10万以下の人が20%弱もいる
sarari-2

とある調査によると貯金額が10万円を切っている人が意外に多く、全体の20%もいます。これはかなり意外な数字かもしれませんが、貯金をしっかりできていない人が意外に多いということです。

スポンサードリンク




②堅実に貯金出来る人とそうではない人の2極化が進んでいく
sarari-3

「あ、じゃあ貯金出来ていなくてもいいのかな」と一息ついた人がいたとしたらそれは残念ながら違います。貯金出来ていない人は変わらず存在しているのですが、1・2年目と比べると確実にその割合が減っています。そして、貯金出来る人とそうではない人の割合が減っています。つまり、貯金する人とそうでない人の差が1,2年目に比べるとはっきり結果として現れだしているのがこの時期です。

③貯金体質ができていない人はまずそちらから!
sarari-4

家計簿はつけていますか? 仮にしていなくても自分の支出がある程度どうなっているか把握していますか?

これに両方NOと答えるようであれば黄色信号です。まずは自分の支出を把握することから始めましょう。そのうえで不要なものを削るようにしましょう。おそらくですが、不要な出費が多いために貯金ができていないという人は意外に多いんです。

まずは貯金のために何をしなければいけないか把握できていない限り、対策は立てられません。

スポンサードリンク




④昇給のための自己投資。それができないなら考えるべきは……。
sarari-5

貯金するために必要なのは収入-支出のバランスを整えることです。ここまで支出を減らす話をしてきましたが、収入を増やすべく動き出すことも可能なはずです。

社会人3年目になると、会社のこともある程度見えてきますし、先輩の様子や収入の見込みも見えてくると思います。

自分磨きは怠ってはいけませんし、そのための投資は貯金とのバランスを考えながら行っていくべきことです。ですが、自己投資しても、会社にそれが認められるのかどうかは別の話でもあります。

手取りを増やすことが難しいなと判断した場合は転職も視野に入れましょう。

まとめ
sarari-6

3年目でも1年目と全く同じ状況で貯金ができていないという人は意外にたくさんいます。それは貯金をする癖ができていないか、収入と支出のバランスが崩れ、必要な出費が多いことによって貯金ができなくなってしまっているか、考えられます。

前者は貯金癖をつければいいだけですが、後者の場合は根本的な改善が必要になっていきます。3年経てば、もう立派な社会人経験者、ある程度先は見えているはず。状況によっては思い切って転職することもお勧めです。そうしたら、新しい可能性も広がります。

自分のこれまでとこれからについてしっかり分析し考えてもらえたらいいなと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links