リーガルハートいのちの再建弁護士(ドラマ)1話2話フル動画無料視聴!見逃し配信とネタバレ感想も


今回はドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話2話のフル動画を再放送や見逃し配信として動画配信サービスで無料視聴する方法をご紹介!

さらに1話のネタバレストーリーや感想なども一緒に載せていきます。

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話を無料視聴する方法

「リーガルハート」のフル動画を無料で視聴する方法ですが、「動画配信サービス」の無料期間を利用すれば、一切お金がかからず見ることができます!

動画を無料視聴する手順
①動画配信サービスに無料登録
②無料期間中に『リーガルハート』の見放題動画を視聴
③無料期間中に解約

この手順で無料視聴することができます!

ではどの動画配信サービスで配信されているか見ていきましょう!

サービス名1話配信日無料期間
ParaviTV放送後すぐ30日間

ということで「リーガルハート」はParaviので見放題動画として配信されていることがわかりました!

無料期間中に配信されている話数を1話から最新話までを全て見ることができます。Paraviの無料期間は30日ですので今申し込むと2話も同じように無料期間で見ることができますよ!

Paraviは、スマホアプリやパソコンで見ることができますのであなたがどこにいてもネットさえ繋がっていれば見ることができます!

このようにParaviの無料期間を利用してお金をかけずに「リーガルハート」を視聴しましょう!

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ちなみにParaviではこのような人気作品も配信されているのでお勧めですよ!

ドラマによっては、ディレクターズカット版なんてものもあるのでTVでは放送されなかった部分も見られるドラマもあると思います!

Paraviで配信中の人気作品
・ノーサイドゲーム(今期新ドラマ)
・アフロ田中(今期新ドラマ)
・極楽レストラン(今期新ドラマ)
・リーガルハート(今期新ドラマ)
・きのう何食べた?
・わたし、定時で帰ります。
・スパイラル〜町工場の奇跡〜
・集団左遷!!
・初めて恋をした日に読む話
・中学聖日記
・大恋愛〜僕を忘れる君と〜
・逃げるは恥だが役に立つ
・アンナチュラル
・クレイジージャーニー
・マツコの知らない世界
などなど…

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『Paravi』の登録方法

Paraviの登録方法はこちらです!

Paraviの登録方法
①Paraviにアクセスし無料体験はこちらをクリック
②お好きなアカウントを作成
③必要情報を記入し登録ボタンをクリック
④登録完了!

この時点で料金はかかりません。30日後の無料期間終了後に初めて料金が発生し、無料期間中の解約で一切お金がかからず辞めることができます。


▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話のあらすじ・ゲスト

第1話:

村越誠一(反町隆史)は、会社を倒産の危機から救う再建弁護士。

ある日、永井茜(小池栄子)、池田伸司(堀井新太)と営む村越の小さな事務所に、水産会社社長・山谷(石黒賢)から救いを求めるFAXが。命に関わる案件だと直感した村越は、すぐに現地へ。

かつて100億以上の売り上げを誇った魚市場は、経営悪化で瀕死の状態に。

だが、ひとり思い悩む山谷に村越は明言する。「まだ、大丈夫です」そして、驚くべき再建案を提示する…

引用:リーガルハート公式サイト

<ゲスト>

・網代中央水産社長
山谷 護(石黒 賢)

・山谷の妻
山谷千佳(高橋ひとみ)

・メインバンクの審査部長
佐々木原(髙嶋政宏)

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話のネタバレストーリー

2018年倒産企業件数:8235件
倒産など、経済・生活問題による自殺者数:3432人

これは『倒産とは命に関わること』と断言し、0.01%でも希望がある限り闘い続ける弁護士の物語です。

熱海の網代にある網代中央水産社長・山谷護(石黒賢)は、資金繰りに行き詰まり、もう消費者金融からも借りられない状況になっていました。自殺するしかないと、海辺の断崖から今まさに身を投げようとした時に、会社の窮状を知る滝口(笠原秀幸)から電話がかかってきて、再建弁護士の村越誠一(反町隆史)のことを知らされ、藁をも掴む思いで、山谷は村越にFAXを入れます。

村越誠一法律事務所には、経理担当の永井茜(小池栄子)と事務員のノブこと池田伸司(堀井新太)がいる事務所です。ボス弁の村越はジオラマ好きの弁護士ですが、山谷からのFAXを見て、命に関わる案件だと直感して網代に駆けつけます。

網代中央水産は、山谷の祖父が小さな魚市場からスタートした会社で、父の代には社員200人、売上140億円になっていたのですが地域に大手スーパーが参入してから一気に経営が悪化して、金利だけでも年間5500万円の返済が重くのしかかり、月末資金は数万円という瀕死の状態でした。

村越は大谷の人柄を評価して「潰して良い会社は本来ひとつもない」「人間にとっていちばん大切なのは命」「大丈夫、なんとかなる!」と励まします。大谷は社員は家族同然だから、会社と社員を守れればそれだけでいいと村越に告げます。

さっそく、茜と伸司は会社の現状を調べるため覆面調査に乗り出します。調査の結果、村越の師匠にあたる大手法律事務所代表の米倉正臣(橋爪功)が「会社が地域に必要とされているかどうか」と言っていたように、会社の存在意義が大きいことがわかり、再建に乗り出します。

まずは、取引先に迷惑をかけないように、私的再建という手法で金融機関に再建プランを提案して、今ある20億の借金を4億に8割カットしてもらうことを山谷に提案しました。そして、いつもの助っ人である公認会計士の須藤、税理士の室橋の協力を得て、取引金融機関8行への資料づくりを徹夜で敢行しました。

第1回バンクミーティングで再建案を提出すると『リスケジューリング』や裁判所が介入する『民事再生』が妥当で、金融機関は8割のカットには到底応じられないと紛糾しますが、村越はリスケジューリングでは、抜本的な解決にならないこと、民事再生ではリスクが大きいことなどを説明して理解を求めます。

その後、天城信用金庫が山谷を個別に呼び出して、恫喝まがいの行為に及んだため、村越は急いで駆けつけて励まし、天城信用金庫や他の金融機関に弁護士を通さず勝手に面会するなと内容証明や書留を送ります。

すると、メインバンクである富士中央銀行の審査部長・佐々木原(髙嶋政宏)から『支援協(中小企業再生支援協議会』を利用してはどうかと連絡が入ります。しかし、佐々木原は圧力をかけて協力させないつもりでした。案の定、村越が支援協を訪ねても及び腰の姿勢に終始していました。また、社員の間にも会社が危ないという噂が広まっていました。

第2回バンクミーティングでは、『デューデリ(デューデリジェンス)』による再建計画の詳細を説明しますが、佐々木原が支援協が調整不可と難色を示していることを理由に、提案を受け入れることはできないと話し、年々雪だるま式に負債が増えている会社は潰すべきだとも発言します。これに対して村越は、会社が調子の良い時は貸すだけ貸して、その影響で債務超過になっているのに、窮地に追い込まれると潰すなどと会社の立場で言っているのだとしたら許せないと一喝します。

その後、会社の幹部を集めて、会社の現状を伝えているところに、大谷に村越を紹介した滝口が自動車事故で亡くなったという知らせが飛び込んできます。滝口は、同級生の富士中央銀行の担当者と飲んでいるところを幹部に見られていて、自分だけさっさと転職するのではないかと囁かれていましたが、それは全くの誤解だということが同僚から告げられます。

滝口の想いに応えるためにも、会社を再建していこうと大谷と幹部は団結します。「先生に命を預ける」と言う大谷に、村越も「私は決して諦めない」「諦めない心が再建の道を拓く」と決意を語ります。

幹部一同が決起して走り出した矢先に、今度は新聞に会社の経営危機を知らせる記事が載せられてしまうと、信用不信で会社が倒産してしまうことを懸念して村越は、優良部門を新会社に残し、不採算部門を過剰債務とともに清算する、会社分割という手に出ることを銀行に相談することなく実施することを決意します。しかし、これを実行するには、社長や幹部はもとより、社員全員に身を切ってもらうことが必要でした。

そんな折、村越の家には、妻の祥子(和久井映見)の母・山本多喜子(松本留美)が病で亡くなった村越の娘・麻由(田畑志真)が好きだったさくらんぼを持ってきていました。村越の息子・正(水沢林太郎)も含めて村越の身体のことを心配していますが、目の前に困った人がいるとほっとけないと、諦め顔で話していました。

会社では、一般社員にも会社分割の説明と賞与のカットについて話し、痛みを分かち合って欲しいと社長も頭を下げます。第3回バンクミーティングでは、さらに紛糾して、社長の退陣を要求されますが、村越は余人を持って変えがたいと山谷の続投が必要だと話します。

そして次の手として、社長続投の嘆願書を集めることを提案します。嘆願書集めが苦戦している中、山谷の妻・千佳(高橋ひとみ)には、山谷を解放してあげて欲しいと懇願されますが、山谷が辞めてしまうと会社は一気に潰れてしまうと村越は説明します。しかし、その最中に村越は、過労とストレスからくる帯状疱疹で倒れて入院してしまいます。

そんな中で、第4回バンクミーティングが行われますが、無理を押して村越も参加します。山谷退陣を求める銀行側と続投を言明する村越とで決裂するかに見えたその時、社員一同が社長続投の嘆願書489名分を持って会場に現れ、さらに妻の千佳も一緒に金融機関の人たちに懇願します。

ミーティングが終わった後に、佐々木原になぜそこまで、再建にこだわるのかと問われて。限界まで荷物を背負ったらくだが崩れ落ちてしまう最後の一藁に、金融マンの言葉がなってはいけないと考えていること、いつも持ち歩いている遺書とも言える手紙が、諦めてしまって自殺してしまった社長からのものであるという話し、そして15歳で亡くなった娘の麻由と困った人を助けることを約束したことを話します。

その後、改めて支援協を訪ねると、メインバンクの佐々木原が熱心に説得して、支援協も積極的に支援してくれることになっていました。その報は、会社にも届けられ、過剰債務から解き放たれた会社は、生き生きと再生していく。

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話の感想

水産会社を営む山谷護(石黒賢)だったが、近くに大手スーパーが出来たことで経営難に陥り、銀行が融資を渋るようになってしまいました。家族同然の社員の給料だけは!と自分の口座からお金を引き出しますが、それも限界。社員には会社が倒産の危機にあることは知らされていない中、山谷は自殺を考えていたところ、社員の1人である滝口(笠原秀幸)から村越の話を聞いて依頼に至ります。

命に関わる案件ならばと、FAXを見た村越(反町隆史)はすぐに飛び出していきます。そして今は、野球で例えると8回の裏。まだ9回の裏の攻撃が残っている、だからまだあきらめる必要はない。僕には、会社が人の体に見える。赤い血が流れている。一人の人間に60兆もの細胞があるように、会社には多くの社員と家族がいて、それぞれの命が息づいている。

一つの会社を潰すことは、それだけ多くの命を失うことになる。潰していい会社はひとつもない。人間にとって一番大切なのは「命」です。もう諦めるしかないと思っていた山谷は、村越の言葉に生きる希望を見出すのでした。

この熱さがいいんですよね。人を救うために、全身全霊でやるという熱意!見ていてこっちも心が熱くなります。お金にならなくてもやる!その心粋がとっても好きです!

とにかく反町隆史がかっこよすぎます!相棒のイメージが強いかと思いますが弁護士役もなかなかいけてます。そして橋爪功も渋い演技をしていて反町隆史とともに見所の一つです。あとは弁護士のドラマなので法律用語も沢山学べるのも見所の一つですねリーガルハートというタイトルからも心のドラマだと思いました。リーガルハイよりも面白いと個人的には思えます。反町隆史ファンなら見ないと損です。

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話のキャスト・関係者の声

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

『リーガルハート』第1話のネットの感想

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼

まとめ

ということで、『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の動画を無料視聴する方法やネタバレ感想を紹介しました!

今後見逃しても見直せるように動画配信サービスに登録して視聴しましょう!

無料期間中の利用では一切お金がかからないので、気軽にお試ししてみても良いと思います!

動画を無料視聴する手順
①Paraviの30日間無料体験に登録
②無料期間中に『リーガルハート』の見放題動画を視聴

▼今すぐ『リーガルハート』見るなら▼
▼Paraviで30日間無料体験実施中▼