ママ必見!小学生のホワイトデーのお返しに使う金額はいくらが良い?

Sponsored Links
Sponsored Links

小学生の男の子を子供に持つお母さんは、バレンタインデーで子供がチョコがもらえるのかドキドキしたのではないでしょうか。

しかし意外に困ってしまうのが、ホワイトデーでのお返しです。

たくさんチョコをもらってきたのはいいけど、お返しをどうしようって悩んでいるお母さんが多いと思います。

世間では倍返しが常識ですが、小学生のホワイトデーも同じでしょうか。

そこで今回は小学生がホワイトデーで使う金額についてお話しします。

相場は200~400円!
syougakuwd1

小学生がホワイトデーに使う一人当たりの金額は、200~400円だそうです。

これを聞いて胸をなでおろしたお母さんも多いはずです。そのぐらいの金額の方が、もらう側とっても気を遣いません。

あまり高いブランドチョコのようなものを上げてしまうと、もらった側のお母さんが悪く思ってしまって、次のバレンタインデーで遠慮してしまうこともあるそうなので、400円以内に予算をおさえるようにしましょう。

ではこの相場で、どんなお返しをあげているのでしょうか。

スポンサードリンク




お返しは手作りお菓子でもOK
syougakuwd4

お返しは市販のものでもいいですし、お母さんの手作りでも構いません。100ショップの包装を利用するときれいにラッピングできます。

お菓子はチョコやクッキー、キャンディーなどが多いそうです。お菓子以外にも文房具も人気です。

予算に合わせて購入するとよいでしょう。

でもお返しには、意味があることを知っていましたか?お返しの品を間違えてしまうと、相手の気分を害することがあります。

次にお返しにはどんな意味があるのか、見ていきましょう。

お返しに意味とは?
syougakuwd2

一般的にお返しには
クッキー:友達でいてください
マカロン:あなたは特別な人
マシュマロ:嫌い
キャラメル:安心する
ハンカチ:別れ
キャンディー:あなたのことが好きです

といった意味があるそうです。女子小学生はロマンチストが多いですので、バレンタインデーの時に意味を持たせて渡してくることも考えられます。またお返しに意味を理解している可能性もあるでしょう。

相手の気分を害さないように、お返しの意味について理解しておいた方がいいでしょう。

特にマシュマロとハンカチはできるだけ避けるのがベストです。

スポンサードリンク




まとめ
syougakuwd5

いかがでしたでしょうか。

今回は小学生がホワイトデーに使う金額についてお話ししました。

相場は200~400円で、バレンタインデーでもらった金額と同額でも問題ありません。あまり高いお返しにならないように注意しましょう。

お返しの品の意味についても要注意です。

是非参考にしてみてください。

Sponsored Links
Sponsored Links