DJ社長とジャスミンゆまのパワハラは炎上商法動画で嘘ドッキリと判明!レペゼン地球復活宣言も


ジャスミンゆまさんが、所属するライフグループの代表であるレペゼン地球のDJ社長にパワハラされたというTwitterの投稿からネットで炎上する自体になりましたが、DJ社長が7月20日に投稿した動画で一連のパワハラ騒動は全て仕組まれた炎上商法でドッキリだったということが判明しました。

今回はパワハラ騒動やドッキリの真相をまとめてみました。

DJ社長の炎上商法がドッキリで炎上商法と判明


まずは、こちらの動画を全て御覧ください。

レペゼン地球が7月20日に投稿した謝罪に関する動画です。

そして全て見るとわかりますが最初は丸坊主姿でジャスミンゆまさんへ謝罪しているような内容でした。

しかしその後いきなり音楽がはじまり「パワハラザホルモン」と「マキシマムザホルモン」をもじったバンドで歌を歌いはじめ、広告費がないから、炎上商法をやったというような内容が流れました。

その中でジャスミンさんも一緒に歌っているシーンも映っています。

そして最後には丸坊主かと思っていたDJ社長の頭はカツラでそれを脱ぎ捨てていました。

そして、レペゼン地球は活動休止していましたが、動画の最後にこう書かれてありました。

レペゼン地球 復活祭

明日から 8月31日まで

毎日更新

ということでした。

これは驚きの内容でしたね・・・本当にジャスミンゆまさんがパワハラされていたと思っていましたから、まさかグルだったなんて。。。

ジャスミンさんへのDJ社長のパワハラ騒動とは

レペゼン地球の事務所であるLife groupに7月より所属しているジャスミンは「突然の報告になりますが数ヶ月前からDJ社長のパワハラが酷く、何度もホテルに誘われてます(10回以上)断ったらクビにするとも言われた事もあり、流石にもう限界です」とDJ社長からパワハラを受けていることを明かし、DJ社長とのLINE画面を公開。

「レペゼン地球やDJ社長のファンから叩かれると思いますが事務所を辞めさせて頂きます 応援してくれてた方々申し訳ないです」と事務所との契約解除の意向を示した。

さらに、最初の投稿から約1時間後、「説明が不十分だった為、詳しく説明させて頂きます」と追加でツイート。今月5日に所属を報告していたが、数ヶ月前からパワハラを受けていたと告発したことについて、DJ社長とは数年前からの知り合いで、以前から事務所所属のオファーを受けていたため、実際に所属したのは2月だと説明。

「ライフグループに入る前からセクハラじみた事をされており、入ってからさらに過激になっていき、ここ1~2ヶ月間は特にひどく、今回辞める事にしました。パワハラの事を嫌と直接はっきり言えなかった私も悪いですが事務所を辞めたいとはちゃんと社長に直接言い続けてました。しかし全く聞いてもらえず、辞めれそうになかったのでこういう方法で辞める形を取らせていただきました」と今回、退所する決意をした経緯をつづった。

引用:モデルプレス

このようにジャスミンゆまさんが、DJ社長からTwitterでパワハラを受けていたことを告白して事務所を辞めるということを投稿していました。

ということは今回の事務所を辞めるというのも嘘だったということでしょうか?

ジャスミンゆまさんの現時点でのTwitterもこれが最後の投稿となっています。

DJ社長は22日にしくじり先生に出演しますが、これは視聴率が凄いことになりそうですね・・・

ネットでは本当に心配したのにという意見も

実際本当に心配していた人もかなり多かったと思います。

特に女性からすると、被害者側の立場を理解している人も多かったと思いますので、このような炎上商法を許せない人もいるようです。

ジャスミンゆまさんも一緒になって、女性に対してのセクハラパワハラをネタにしてしまったのはちょっと参道はできない気もしますが・・・

DJ社長の炎上商法を称賛するファンも