京アニ放火犯人はバリサク君撮り鉄でふたばに犯行予告?本名や小説盗んだはなろう系?


2019年7月18日に起きた京都アニメーションの放火火災事件ですが、ネットで2ちゃんねるでバリサク君と呼ばれる撮り鉄(鉄道写真愛好家)ではないかと話題になっています。

今回は、犯人がバリサク君なのか、ふたばちゃんねるに書き込んだ人なのか、「小説を盗まれた」発言に関してなどまとめてみました。

京アニ放火犯がバリサク君はデマ?

京アニ放火犯がネットで2ちゃんねるの掲示板に投稿していた内容から「バリサク君」なる人物が犯人ではないかと噂が広がっています。

この人物が、撮り鉄の板に『バリバリ順光でサクッとバリサク』というフレーズを何度も投稿していたことから、バリサク君と呼ばれていたそうです。

しかしその後、京アニ制作の『響け!ユーフォニアム』でバリトンサックスをソロで演奏するシーンが放送されたことから、「バリサクソロ」という言葉が生まれ話題になったそうです。

そして、このことから、バリサク君がアニメ板に突撃して『響けユーフォニアムのバリサクソロのせいで俺様の人生は大きく狂った。絶対に許さないからな!』と投稿しまくってあらしたそうです。

この件を踏まえて、今回の放火事件の犯人が『パクりやがって!』という言葉を叫んでいたということから、上記内容を投稿していた人物が犯人ではないか?という憶測が広がったようです。

しかしその後、この内容を否定する情報がネットにも。

・事件後も書き込みが続いている
・更生施設に入っていたという情報が違う

ということから、バリサク君は犯人ではないという情報もあるようでしたので、デマの可能性も大きいです。

ふたばちゃんねるに犯行予告はデマ?

そして次にふたばちゃんねるという掲示板に『ニュースにデビューしてもいいかい?』と7月18日の事件朝に投稿していた人が犯行予告だったのではないかと噂されています。

しかし、この情報は『ニュースにデビューしてもいいかい?』と書いたことしかはっきりしていません。

ですから、この情報だけで犯人と断定するのはどう考えても難しいです。ですからデマの可能性が大きいと思われます。

「小説を盗んだから放火した」発言はなろう系?

そして今ニュースで新たに発覚したのが、『小説を盗んだから放火した』放火犯の発言です。

そこで噂になっているのが「小説家になろう」というネットで小説を投稿できるサイトで投稿していた人物ではないかという情報です。

こちらも憶測のようですが、この小説の内容を京アニの何かにパクられたのかわかりませんが、そのことで怒ったのかもしれません。

情報が少ないので、まだはっきりとしていませんが、とにかく、これだけであのような事件を起こすことが本当に許せませんね。

京アニ放火犯のプロフィール

現在わかっている犯人の情報はこちらです。

名前:不明
年齢:41歳
職業:不明
出身:茨城県
住所:埼玉県さいたま市見沼区

そして、2012年に茨城県でコンビニ強盗を起こして逮捕されているという前科があるようです。

他には家賃は約4万円で4年ほど前から埼玉県さいたま市見沼区に住んでいたそうです。

新潮は180cmほどで体型は太っている、スポーツ刈りでメガネ姿だったそうです。髭が生えており、体臭もきつかったという近隣住民の話です。

そして14日には、近隣住民とも騒音でトラブルになっていたそうです。