宮迫博之と野口和樹(金塊強奪)がFRIDAYでギャラ飲み暴露!写真や金額は?


7月19日に週刊誌のFRIDAYが雨上がり決死隊の宮迫博之さんに暴露記事を出されるそうです。

その中身には野口和樹という人がいて関わっていたようです。宮迫博之さんのギャラ飲みや暴露の内容とはどういうことなのでしょうか?写真や金額はどうなっているのでしょうか?

宮迫博之がFRIDAYで半グレとギャラ飲み暴露

こちらのFRIDAYの表紙には、「半グレ金塊強奪犯 前科三犯野口和樹被告」と書かれています。また福岡で7億6000万円が強奪された後の事件の3週間後に実行犯と飲みをしていたというようです。さらにお小遣いまでもらっていたと言われています。

これが本当に真実なら100%引退でしょう。もう何かかける言葉はありませんね。闇営業があってわかったことですが、宮迫博之さんは闇営業がなければ、このまま押し通していた可能性もあります。

吉本興業では過去に島田紳助さんが反社会的勢力の人と関わっていました。吉本興業の上の方達の闇は氷山の一角ではないでしょうか。いくらでも出てきそうです。

野口和樹被告の犯罪内容は?


2016年の夏に起こったことです。場所は福岡県JR博多駅・筑紫口付近でした。警察が野口和樹被告に職務質問をしたところ、アタッシュケースから6億円相当の金塊が出てきていました。

しかし、その警察官は自称警察官で本物の警察官ではなく車に積み込んで逃げていったのです。

九州・福岡で相次いで起きた金塊を巡る事件は、これまで隠されてきた「闇」の取引を白日の下にさらした。一つは2016年7月、JR博多駅近くの路上で警官を装った男らに金塊160キロ(7億5800万円相当)が盗まれた事件。そしてもう一つが17年4月、福岡市の繁華街、天神の中心部にある駐車場で、金塊取引のために銀行から引き出されたばかりの現金約3億8000万円が強奪された事件である。

前者の事件は発生から約10か月後の17年5月、名古屋を拠点とする不良グループを中心とする10人が逮捕された。後者の事件は10月末以降、関東や大阪を拠点とする複数グループの11人が逮捕された。ともに不良仲間の緩やかなつながりによる大がかりな犯行だった点が目を引く。だが、それ以上に注目すべきは、一般人にはなじみの薄い金塊取引を狙った事件だったということ、さらに、ともに犯人グループが事前に金塊の取引情報を入手しており、ピンポイントで犯行に及んでいたことだ。

「刑務所で知り合った人間から『税金対策のために事件を装って金塊を持ってきてほしい。相手側とは合意ができている』と持ち掛けられた」――。事件の発端となった取引情報について、博多駅近くの金塊強奪事件で逮捕された名古屋の不良グループの一人、中垣龍一郎被告(41)はこう供述しているという。
引用:Nippon.com

野口和樹被告も被害者も盗難した人間全員が、警察をおとしめてお金を盗もうとしていたようです。当時のグループは皆逮捕されています。事前に金塊の取引情報を入手していたということもあり、警察内部の情報がダダ漏れしていたのでは?ということが言われていました。

ピンポイントで狙われていたということを考えると、どう考えても電話の内容を傍受されていたと考えるのが妥当だと思います。

野口和樹被告のプロフィール

https://twitter.com/HAKOCONNEMAN/status/1151784100639858688

名前:野口和樹(のぐちかずき)
年齢:45歳
住所:名古屋市名東区
職業:株式会社ノワテック 代表

野口和樹被告は土木作業員で、株式会社ノワテックの代表をしていたようです。また、土木の会社の代表をしていたということですが、高級車も次々に変えていて羽振りが良かったようです。土木の会社の業績がいいからといってもたかが知れていると思います。また、SNSで豪華な暮らしぶりをさらけ出していたことで、警察からも色々と目をつけられていたようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

宮迫博之のギャラ飲み写真と受け取った金額は?


宮迫博之のギャラ飲み写真と受け取った金額は判明していません。

宮迫博之さんは闇営業時にもらっていたギャラは”300万円”と言われていました。しかし、この金塊強奪は大金です。100万円くらいで済むとは思えません。1000万円くらい受け取っていた可能性はないでしょうか?

FRIDAYで真相が発覚すれば、追記していきます。

ネットの声