遊戯王の高橋和希がインスタで政治的発言で炎上!「今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!」


7月15日に選挙の投票を控えて、遊戯王を制作するスタジオ・ダイスのインスタグラムアカウントにて、作者の高橋和希先生が政治的発言をしたことによって、炎上しています。

今回はその騒動について、まとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

遊戯王の高橋和希先生がインスタで政治的発言

この投稿をInstagramで見る

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX が11月に発売されます。😀😳内容はボリュームたっぷりなのですが、値段も高く, 分厚い本なので購入される方、 そして宅配業者の方にはホント 申し訳ありません😓そして ありがとうございます!😃😃 表紙イラストなのですがカード部分は編集さんにはめ込んでもらうのですが、7月21日に選挙があるので投票している王様イラストにアレンジしました!😳😳 本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!😩😩😭😳ヤバイ〜〜!!😱😱 アテム「決闘者のみんな! 今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!👍」

kazuki takahashiさん(@studio_dice)がシェアした投稿 –

表紙イラストなのですがカード部分は編集さんにはめ込んでもらうのですが、7月21日に選挙があるので投票している王様イラストにアレンジしました!😳😳
本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!😩😩😭😳ヤバイ〜〜!!😱😱
アテム「決闘者のみんな!
今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!👍」

遊戯王の高橋和希先生が7月15日にスタジオ・ダイスのインスタグラムアカウントにて、上記のような政治的発言をしてしまったことによってネットは炎上することになりました。

しかも主人公の闇遊戯であるアテムにも「正義の一票をスタンバイだぜ!」と発言させてしまっていることから、キャラにも政治的発言をさせているとしてこれもネットで炎上しているようです。

Sponsored Links
Sponsored Links



高橋和希先生のプロフィール


名前:高橋和希(たかはしかずき)
生年月日:1963年10月4日
年齢:55歳
出身:東京都
職業:漫画家

遊戯王の作者として有名な高橋和希先生ですが、もう55歳なんですね。

1981年に『ING!ラブボール』という作品でサンデーに掲載されたようです。その後は、『剛Q超児イッキマン』『闘輝王の鷹』『天燃色男児BURAY』などの作品を経て1996年に『遊☆戯☆王』の連載が始まりました。

それからアニメ化もされてデュエルモンスターズで爆発的ヒットしたんですね。

なんと、2000年時点で、長者番付文化人部門で第一位(所得税納税額4億2000万円)になっていたようです。マジでお金持ちですね笑

その後も遊戯王シリーズで現在も連載をしているようですね。

Sponsored Links
Sponsored Links



ネットの声