木津いぶきの高校大学やTwitterフェイスブックは?家族構成と自宅住所も


女子大学生の木津いぶきさん。木津いぶきさんが木津屋という和菓子屋のお店の中の冷蔵庫に入れられて遺体となって見つかった事件。

この木津屋というお店は、木津いぶきさんの父親が経営する店舗で、現在父親の行方が分からなくっていて、お店のシャッターには「都合によりしばらくお休み致します」という紙が貼られてお店が閉まっています。

木津いぶきさんはどういう人物だったのでしょうか?

木津いぶきさんの高校大学やTwitterフェイスブック、家族構成や自宅住所について調べてみました!

Sponsored Links
Sponsored Links

木津いぶきさんが和菓子店の冷蔵庫で発見

7日未明、東京荒川区の和菓子店の業務用冷蔵庫の中で18歳の女子大学生が死亡しているのが見つかりました。この店を経営する父親が「娘を切って自分も自殺する」などと家族に告げたまま連絡が取れなくなっていて、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

7日午前0時50分ごろ、東京荒川区東尾久の和菓子店にある業務用冷蔵庫の中から、この店を経営する家族の娘で、女子大学生の木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかりました。

木津さん一家は近くの住宅に住んでいて、いぶきさんの母親が夫と娘と連絡が取れないと警視庁に相談し、警察官が遺体を発見しました。

業務用冷蔵庫は高さ85センチ、幅1メートル40センチ、奥行きが70センチ余りで、店の奥にある和菓子を作るスペースに置かれているということです。

これまでの調べで、この店を経営するいぶきさんの40代の父親が「娘を切った。自分も自殺する」などと家族に告げたまま連絡が取れなくなっているということです。

現場の和菓子店は、飲食店や商店などが並ぶ通りに面していて、店のシャッターは閉まったままで「都合によりしばらくお休み致します」と書かれた紙が貼られていました。

警視庁は詳しいいきさつを調べるとともに連絡が取れなくなっている父親の行方を捜しています。

引用:NHK

その時に、東京荒川区の和菓子店でお店を経営する父親が「娘を切って自殺する」という言葉を残したまま、行方不明になっています。

業務用冷蔵庫の高さは人が小さい子供1人が入れるくらいの大きさで、とても成人した女性が入るには難しいほどの大きさのものです。

こんな小さな場所に、木津いぶきさんはどんな形で入れられていたのでしょうか。考えるだけでゾッとしてしまいます。

木津いぶきさんは一体どんな人だったのでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

警視庁によると、東京都荒川区の和菓子店の冷蔵庫で女子大学生(18)の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親とみられる遺体がさいたま市内で見つかった。

引用:LINE NEWS

このように父親の遺体もさいたま市内で見つかったとのことでした。

木津いぶきさんのプロフィール


木津いぶきんについて現在わかっていることをまとめました。

名前:木津いぶき(きづいぶき)
年齢:18歳
学生:大学1年

木津いぶきさんは大学1年生です。大学1年生といったらできることが沢山増えて、ヤル気に満ち溢れている時です。

また7月になって、友人達と夏休みの旅行やアルバイトの話をして盛り上がっていたかもしれません。

そんな矢先に木津いぶきさんの父親に首を絞められて亡くなっています。一体木津いぶきさんと父親の間で何が起こってしまったのでしょうか?

父親は娘の木津いぶきさんに話をして、夏休みにお店を手伝って欲しいと説明したら、娘から「ダメ!」と言われたのでしょうか。

父親の犯行動機に謎は深まるばかりです。

Sponsored Links
Sponsored Links

木津いぶきさんの家族構成と自宅住所

木津いぶきさんの自宅住所は朝日新聞によると、荒川区東尾久8丁目となっています。

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=荒川区東尾久8丁目=の遺体があるのを警視庁の捜査員が発見した。この店を経営する木津さんの40代の父親の行方が分からなくなっており、警視庁は何らかの事情を知っているとみている。

引用:朝日新聞

そして、木津いぶきさんの家族構成ですが、こちらも朝日新聞によって次のように伝えられています。

木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。

引用:朝日新聞

自宅から事件の場所となった、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子「木津屋」までは徒歩10分の距離になっています。定休日は水曜日不定休なので、7月6日の朝は自宅にいたということは、7月6日の仕事が終わった後に父親は犯行に及んだようです。

娘の木津いぶきさんは「木津屋」の店舗まで出向いて、父親と何を話したのでしょうか。

父親は、目の前で木津いぶきさんが商品を食べていたところを見つけてしまい、”ついカッとなってやってしまった”ということもあるかもしれませんね。

Sponsored Links
Sponsored Links

木津いぶきさんの高校大学


木津いぶきさんの高校や大学ですが、どのメディアでも取り上げられていません。

なので、先ほどの荒川区東尾久8丁目の自宅住所から木津いぶきさんの通う高校や大学を特定してみました!

私立開成高校
私立北豊島高校
東京都立荒川工業高校
東京都立竹台高校
北豊島高等学校通信制課程
学校法人北豊島学園
学校法人北豊島学園 北豊島高等学校通信制課程

以上の7校がヒットしました。金銭的な余裕がなかったと考えるなら、東京都立竹台高校に通っていたかもしれません。私立の高校になると莫大な費用がかかってしまいますからね。

また、情報提供では埼玉県のキリスト教の私立の女子中学高等学校に通っていたというものがありました。父親が埼玉県で亡くなっていたことを考えると、元々は埼玉にいた家族なのかもしれません。

さらに情報提供で、浦和明の星女子中学校、そして浦和明の星女子高等学校だったということが判明しました。

そして、大学についてです。先ほどと同じように荒川区東尾久8丁目の自宅住所から大学を調べってみました。

20校ほどヒットしました。この中から一番近い大学は東京女子医科大学看護専門学校です。その他の大学は「首都大学東京 荒川キャンパス」「山形大学工学部 荒川サテライト」「帝京科学大学 千住キャンパス」などがありました。

高校時代と同様に金銭的な余裕がなかった可能性を考えると、”首都大学東京”が可能性として一番高いと予想します。

Sponsored Links
Sponsored Links

木津いぶきさんのTwitterとfacebook

木津いぶきさんのTwitterとfacebookですが、登録すらしておらず、facebookに至っては、同姓同名の人すら登録していませんでした。Twitterも同様でした。

木津いぶきさんの父親は厳格な人だったのかもしれません。
現代の若い子は、ほとんどSNSをやっていますからね。もしかすると、木津いぶきさんは携帯電話すらもっていなかったかもしれませんね。

木津いぶきさんのツイッターやアカウントを知っている人がわかれば、追加していきます!