北尾淑惠(よしえ/北尾光司妻嫁)は精神科医者で慶應大学病院?娘や晩年と糖尿病も



横綱双羽黒として知られる
北尾光司さんの妻、
淑惠さんについて職業や
娘などに関する情報を
まとめていきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

北尾光司さんのプロフィールと晩年

名前:北尾光司(きたお こうじ)
生年月日:1963年8月12日
出身:三重県

北尾光司さんは、
三重県出身の元大相撲
第60代横綱力士双羽黒

として広く知られています。

現役横綱双羽黒(ふたはぐろ)のままで
廃業され、プロレスラーに
転身された経歴
をお持ちでした。

晩年2013年より表舞台を避け
闘病生活を送られており
2019年2月10日55歳で
慢性腎不全のため死去。

Sponsored Links
Sponsored Links



北尾淑惠さんのプロフィール

名前:北尾淑惠(きたお よしえ)
生年月日:不明
年齢:不明
出身:不明

北尾淑惠さんは
北尾光司さんの妻で、
一般の方なので情報は少ないですが
精神科医をされているそうです。

慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院にて
勤務されているとの
情報がありました。

Sponsored Links
Sponsored Links



北尾光司さんと淑惠さんの娘は?

北尾光司さんと淑惠さんの
間には24歳の一人娘
いらっしゃるのだそうです。

「世間では破天荒だとか怖いイメージがあるかと思いますが、本当に優しい父でした。

入学式や卒業式などでも、“娘がからかわれるかもしれないから”と、一度も顔を見せたことはありませんでした。

幼いときにはリカちゃん人形をくれたり、私を女の子らしく育てようとしてくれていた。

父の娘でも、“顔にケガをしたら大変だから”と、格闘技系の習い事をしたことはありません。

父とはもっと遊びたかったし、一緒にお酒も飲んでみたかった。

心残りばかりです」

引用:news goo

このように娘さんは
北尾光司さんについて
本当に優しい父
女の子らしく育てようとしてくれ、
顔にケガをしたら大変だからと
娘さんは格闘技系の習い事を
したことはない
と話されています。

Sponsored Links
Sponsored Links



北尾光司さんは糖尿病で慢性腎不全?

北尾光司さんは糖尿病を
亡くなるまでの15年間患っており

歩くのが困難となってからは
医師から両足の切断を
勧められたのだそうです。

また、2013年からは
糖尿病に加えて腎臓を患い
闘病生活を送っており
2019年2月10日55歳で
慢性腎不全のため
千葉県の病院で死去。

2019年3月29日に
訃報が明らかとなりました。

Sponsored Links
Sponsored Links



まとめ

今回は横綱双羽黒として
ご活躍され2019年2月に
亡くなった北尾光司さん
妻である精神科医の北尾淑惠さん
ついてまとめていきました。

お二人の一人娘は大切に
育てられた
とお話されています。

北尾光司さんのご活躍を
讃えるファンの声が見られました。