氏家美穂被告の長女(娘子供)の年齢や旦那は?武蔵村山出身で生い立ちは?


当時11歳の娘に父親のモルタル詰めを手伝わせ死亡させた氏家美穂被告(45)の裁判の初公判が行われました。

今回は氏家美穂被告の夫や長女について、事件の内容もまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

モルタル詰め事件の初公判

 茨城県かすみがうら市で去年7月にモルタル詰めにされた男性の遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われている妻の初公判が開かれ、妻は起訴内容を認めました。

 氏家美穂被告(45)は去年2月、かすみがうら市の自宅アパートで夫の昇さん(当時33)の首を絞めて殺害し、その後、遺体をモルタル詰めにして遺棄した罪などに問われています。26日の初公判で、氏家被告は起訴内容を「間違いありません」と認めました。

検察側は「被告は幼い娘に殺害を協力させ、遺体を監視させた」「酌むべき点はない」と指摘しました。弁護側が「被告は一連の行為を強く後悔している」と話した際には、氏家被告がハンカチを目元に当ててすすり泣く場面もありました。判決は来月5日に言い渡されます。

引用:テレ朝NEWS

今回起訴内容を認めましたが、さらに恐ろしいのが、娘にそれを手伝わせたものです。

普通に考えて娘に手伝わせるなんてサイコパス以外の何物でもありませんよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

氏家美穂被告のプロフィール

名前:氏家美穂(うじいえみほ)
生年月日:1974年2月17日
年齢:45歳
出身地:東京都武蔵村山市
職業:元派遣社員

氏家美穂被告は、45歳という年齢ですが、33歳の夫と結婚していました。結婚する際はなんと10歳もサバを読んでいたとか。普通に考えてこの見た目でサバを読めるなんて・・・

そして、今回で3度目の結婚だったそうです。普通にモテるとは思えませんが、凄いですよね。

学校は武蔵村山市立第二中学校を卒業しているそうで、高校は判明していません。

Sponsored Links
Sponsored Links

氏家美穂被告の出身と生い立ち

そして、氏家美穂被告の出身は東京都武蔵村山市だと言われているようです。

生い立ちは不明ですが、このようなサイコパスに育つだなんてかなり異質なのではないでしょうか?

そして服装は派手で、ヤンキーのような言葉遣いをしていたそうです。

また、性格もおとなしい感じではなかったということでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

氏家美穂被告の長女子供は?

そして家族構成は自分と昇さん、そして長女と2人の男の子がいたようです。

上記氏家美穂被告のfacebookには2人の男児が写っており、長女の画像はなかったようです。

男の子2人はまだ幼いようですが、長女は11歳のようですね。当時11歳ですので、現在は12歳かと思われます。小学6年生でしょうか。

ともかく父親はいなくなって、母親は逮捕されたということは、児童相談所で保護されていると思われます。

これからの人生、本当に大変になってきますが、頑張ってほしいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声