大塚高司国土交通副大臣の経歴学歴(大学)や不祥事は?新潟山形地震後に赤坂クラブKでホステスと飲酒?


週刊文春の取材で大塚高司国土交通副大臣が震度6強を記録した新潟山形地震直後に赤坂の老舗クラブKで飲み続けていた疑惑が報じられました。

そこで、大塚高司国土交通副大臣のプロフィールや経歴学歴、過去の不祥事などもまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

新潟山形地震直後もホステスと飲酒疑惑

 6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

 大塚氏がこの日、竹下派の後輩議員3人と訪れたのは、行きつけだという赤坂の老舗クラブ「K」。同席者によれば、大塚氏は芋焼酎「佐藤」の水割りを飲んでいたという。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

 震度6弱以上の地震だったため、対応を「非常体制」としていた国交省。政務三役には、「直ちに登庁できる態勢で付近に待機」することが求められていた。

 大塚氏に事実関係を尋ねると、以下のように回答した。

「国会議員どうしの懇親を深めるため、質問にあるとおり『K(回答は実名)』を訪れました。実際には、対策会議が開催され参集する必要が生じる可能性があったため、アルコールを取るのを止め、国交省からも近い距離にある同店で、テレビなどで状況を確認しながら、待機していました。この対応は、適切であったと認識しています」

 だが、事態の発覚を恐れたのか、翌19日以降、「俺はあの日、飲んでないよな?」などと周囲に念押ししていたという。

引用:週刊文春オンライン

このように大塚氏は取材を受けており、クラブには訪れていたことを告白はしており、途中でアルコールをとることは辞めたということでした。

「直ちに登庁できる態勢で付近に待機」という命令だったそうですから、国交省に向かうという命令はなかったようです。ですから、そのまま居座ったもかもしれませんね。

しかし、その場にいた客によると、飲み続けていたということでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

大塚高司氏のプロフィール

名前:大塚高司(おおつかたかし)
生年月日:1964年9月11日
年齢:54歳
出生地:大阪府豊中市
現職:国土交通副大臣、衆議院議員
所属政党:自由民主党(竹下派)

大塚氏は大阪出身で現在54歳の衆議院議員で国土交通副大臣です。

大学を卒業後には、、坪井一宇氏・原田憲氏・谷川秀善氏の秘書を経験したようです。

そして2005年に衆議院議員選挙に出馬して、初当選、その後2009年は落選、2012年には再選しました。

2014年に、第2次安倍改造内閣で国土交通大臣政務官に任命されて、さらに内閣府大臣政務官にも任命されました。

同年の選挙でも当選し3選、2017年に選挙でも当選し4選し、第4次安倍改造内閣で国土交通副大臣に就任して現在に至ります。

Sponsored Links
Sponsored Links



大塚高司氏の高校大学

そして大塚氏の学歴ですが、中学校は不明ですが、高校大学は判明しています。

・豊中市立上野小学校
・豊中市立第11中学校
・摂陵高等学校(現早稲田摂陵高等学校)
・追手門学院大学経済学部

ぱっとあまり聞いたことのない学校ですが、どれも大阪のようです。

追手門学院大学経済学部も偏差値が42ほどでそれほど高いわけでもなかったようです。

学歴が良くなくても、ここまでなり上がれるということですね。

Sponsored Links
Sponsored Links



大塚高司氏の不祥事

そして大塚氏はこれまでにいくつか不祥事を起こしています。

・外国人からの献金
パチンコ店経営の外国人から115万円の献金

・政治資金収支報告書不記載
2012年の「早春を楽しむ集い」の収入を収支報告書に不記載

・徳洲会関係
公職選挙法違反容疑で逮捕された医療法人「徳洲会」グループの関連企業の社長から100万円の献金

・妻経営業者への政治資金支出
大塚氏が代表の「自民党大阪府第八選挙区支部」が大塚氏の妻運営のフレーバーティー販売業者に約175万円を支出

・知人女性を殴る
大阪市内で飲食店従業員の知人女性を殴り、軽傷を負わせ書類送検→女性が被害届取り下げ

このように色々と起こしてきたようですが、とりあえず暴行はいけませんよね。しかも女性に。

Sponsored Links
Sponsored Links



ネットの声