飯田祐馬(カナブーン)は千眼美子との不倫が失踪原因?嫁妻子供(家族)や行方不明は幸福の科学出家が関係?



人気ロックバンドKANA-BOON(カナブーン)のベース・飯田祐馬(めしだゆうま・28歳)が6月5日から音信不通になり、家族も捜索願を出したということで失踪行方不明になっています。

6月15日のライブも中止になったということで、家族や失踪の理由や原因など、千眼美子(清水富美加)さんとの不倫の過去も調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

カナブーン飯田祐馬さんが失踪

4人組ロックバンドKANA-BOONは13日、公式ホームページで、ベースの飯田(めしだ)祐馬(28)が音信不通状態のため、15日に東京・Zeppダイバーシティで開催予定だった企画ライブの中止を発表した。

発表によると、今月5日から連絡が取れていないとし、「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」とした。家族から警察に捜索願が提出されているという。

15日のライブはデビュー5周年企画の締めくくりでもあり、「皆様にこのようなご報告をしなければならないことを、メンバー、スタッフ一同、大変心苦しく感じております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」とした。

引用:日刊スポーツ

今回人気ロックバンド「KANA-BOON」のベースの飯田祐馬さんが音信不通で行方不明になっているとして家族まで捜索願を出しているということで、家にもいないようです。

どのような経緯で音信不通になったのかは不明ですが、6月5日から連絡がとれなくなったようです。

KANA-BOONは音楽好きならかなり有名なバンドだと思いますし、本当に心配です。無事何もなく見つかるといいのですが。。。

Sponsored Links
Sponsored Links




飯田祐馬さんは千眼美子と不倫の過去

飯田は17年2月、清水富美加から改名した女優千眼美子が、かつて飯田と不倫関係にあったことを暴露。すでに関係は解消していたが「清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、16年1月まで交際関係を続けてしまいました」と謝罪したこともあった。

引用:日刊スポーツ

そして、今回ネットで噂になっているのが、宗教法人の幸福の科学の千眼美子こと、清水富美加さんが発売した「全部、言っちゃうね。」で恋愛に関しての悩みを告白したことで、飯田さんが不倫をしていたことを告白しました。

このことからもネットでは、今回の失踪が千眼美子さんとの不倫や幸福の科学が関係しているのではないか?という憶測が流れているようです。

実際飯田さんが、幸福の科学所属していたり、出家したかどうかなどはわかりませんが、それであっても連絡くらいはあると思います。

音信不通というのは本当に恐いですが、事件に巻き込まれていないことを祈ります。

ちなみに千眼美子さんは6月12日までtwitterでアクションしています。

Sponsored Links
Sponsored Links




飯田祐馬さんの家族(妻子供)

そんな飯田さんは、結婚して妻がいたといいます。

千眼美子さんと交際していたのが、2016年1月までだったそうで、それ以前から奥さんがいたと思われます。

飯田さんは、現在2019年で28歳ですから、2016年だと、25歳くらいの歳になりますね。

子供についてもいたかどうかわかりませんが、最低でも3年以上は妻とは夫婦関係ですので、子供はいるのかもしれません。

ちなみに飯田さんは自身のtwitterの更新は5月31日が最後で、RTも含めると音信不通になる前日の6月4日でKANA-BOON関連のツイートをリツイートしていました。

それ以降はツイートされていないようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声