三浦正充警視総監の経歴学歴(高校大学)や家族息子は?次長から異例人事で始球式ノーバン投球!


2019年6月8日に行われた巨人対ロッテの試合で、警察のトップである三浦正充警視総監が始球式を務めたことでネットでは話題になっています。

そこで今回は三浦正充警視総監のプロフィールや経歴学歴、家族などについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

三浦正充警視総監が始球式で話題・動画も

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人―ロッテ(8日・東京ドーム)

 巨人・ロッテの試合前始球式は、第95代警視総監の三浦正充氏が務めた。

 マウンドから、大きく振りかぶって捕手の小林へノーバウンド投球を披露。球場からはどよめきが起こり、大拍手に包まれた。

 この日は試合前に「テロを許さない街づくり」と掲げ、警察官たちがグラウンドをパレードして、観衆に呼びかけた。

引用:スポーツ報知

この上には階級がないという警察のトップ中のトップである第95代警視総監の三浦正充氏が、2019年6月8日の巨人・ロッテ戦の始球式を務めたということでネットでは大きく話題になっています。

始球式にまさか出てくるなんて思いもしませんよね笑

始球式の動画はこんな感じで、アウトにかなりよれたものの、ノーバウンド投球だったとしてさらに盛り上がったようですね!

ということで、今回は三浦正充警視総監について見ていきましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links




三浦正充警視総監のプロフィール


名前:三浦正充(みうら まさみつ)
生年月日:1960年ほど
年齢:59歳ほど
出身:神奈川県
職業:第95代警視総監

三浦氏は、日本の警察のトップ中のトップである警視総監の方です。

生年月日やはっきりとした年齢は不明ですが、2018年9月に警視総監になった時点では58歳でしたので現在は59〜60歳の年齢かと思われます。

出身は神奈川県で、東京大学法学部を卒業し、1982年に警察庁へ入りました。ちなみに中学や高校については不明でした。

・沖縄県警本部長
・警察庁人事課長
・警察庁刑事局長
・警察庁長官官房長
・警察庁次長

を経て、警視総監になったということです。

そして次長から警視総監になることはかなり異例なんだそうです。

なぜかというと、次長の次は長官になることが多いようですが、なんと24年ぶりに次長から警視総監という役職になった異例人事だったということです。

それだけ評価されている方ということなのでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links




三浦正充警視総監の家族・息子

では警察トップの三浦警視総監の家族や息子はどうでしょうか?

残念ながらこちらもまったく情報がありませんでした。

警察の方であれば、どちらかというと政治家でもありませんし、家族構成などが知られることもないと思いますので、ネットでも情報がありませんでした。

また、息子についてもキーワードがあったので、調べてみましたが、何も情報がありませんでしたのでいるかどうかもわかっていません。

ともかく今回は始球式がとても話題になっていましたね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声