高校生がホワイトデーでお返しを渡すお勧めのタイミングと場所4選

Sponsored Links
Sponsored Links

ホワイトデーにどこで渡そうか悩む人も多いと思います。

人目にはつきたくないけれどそのタイミングも難しい……。

そこで人目に付きにくく、渡しやすい場所を紹介しますので、参考にしてくださいね!

①早朝の学校で
howaito2

いつもより1時間だけ早く着くようにしてみましょう!意外に人はいません。

教室で渡せるのがベストですが、早朝に勉強している人がいる可能性も。その場合はあまり人気のない場所を予め調べておきましょう。

その学校によって人目に付きやすい場所は変わるので、自分の足で調べるのが一番間違いありません。また伝えたいことは絶対に整理しておきましょう!

あたふたしていると、時間はあっという間に過ぎていきます。

また学校によっては食べ物の持ち込みが厳しいところもありますので、その場合は無理に渡すのはやめておきましょう。

没収されたら元も子もありません。

スポンサードリンク




②放課後の学校で
howaito3

こちらもお勧めです。

自分や相手の家が遠くにある場合、一度学校から出てしまうと会うのが難しくなる可能性があります。

ただし当然、他にも渡そうとする人もいますし、人目につく可能性は否定できないので、あまり時間をかけないで渡せるのがスマートです。

こちらも没収される危険性があるので、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

③放課後お互いの近くの公園で
howaito4

規則などの関係で、学校で渡すのが難しい場合はこちらがお勧めです。

公園でなくても人気がないところならOKです。相手の家がもし遠くても、なるべく相手の近くの場所を選びましょう!

ただし、人目につくのが心配で不安な女の子もいるのでその場合はお互いの知り合いがいないところを選ぶのがいいかもしれません。

時間帯的に夜になってくるので、雰囲気のいいところだとなお良しです。

スポンサードリンク




④放課後喫茶店で
howaito5

こちらのメリットはある程度時間をかけて話すことが可能なところです。

外で渡そうとすると、どうしても寒かったりもするので、時間をかけて落ち着いて話したい場合はお勧めです。

なるべく奥の人目につかない場所がいいですね。ちなみに彼女の分のお金は出してあげるのがベターです。

お財布的には痛いですけど、こちらから呼び出して渡す以上そのくらいの懐は持っているのが大人でもあります。

変に渋ったりしないで「ここは僕が出すよ」とさらりと言ってあげましょう。

まとめ
howaito7

いかがでしたか?

学校か、放課後違う場所で迷う場合があると思います。校則や住んでいる場所によってベストな選択肢は変わってくるので、あらかじめ場所は決めておきましょう!

可能なら予定しているのと同じ時間帯に下見をするのもお勧めです。

そこまでやれば渡すための準備は万端です!素敵なホワイトデーを過ごしてくださいね!

Sponsored Links
Sponsored Links