久保建史(久保建英父親)の略歴はミサワホームで高校大学は?サッカーコーチの経歴も



A代表にも選ばれたFC東京所属の久保建英選手。

今回はの久保建英選手の父親の久保建史(建史/たけふみ)さんについてプロフィールや経歴、学歴と教育方法などについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

久保建英選手のプロフィール

名前:久保建英(くぼたけふさ)
生年月日:2001年6月4日
年齢:18歳
出身地:神奈川県川崎市麻生区
身長:174cm
体重:69kg
所属:FC東京

まずは久保選手からご紹介します。久保選手は、神奈川県出身の18歳で現在高校3年生の方です。高校に通っているかはわかっていません。

3歳の時から父親がコーチをしていた坂浜サッカークラブでサッカーをはじめ、小学2年生の時に参加したバルセロナキャンプでMVPに選ばれるという快挙を成し遂げます。

それから小学3年生の時には川崎フロンターレの下部組織に入団するもすぐにバルセロナの下部組織の入団テストに合格します。その後、大会得点王やMVPを獲得したり大活躍しました。

しかし、バルセロナの外国人選手獲得違反によって帰国することに。そしてFC東京の下部組織に入団、その後は中学3年の時にU-18に昇格し同年にはトップチームにも登録されました。

そしてJリーグに15歳で出場し、現在に至ります。

Sponsored Links
Sponsored Links




久保建史さんのプロフィール


名前:久保建史(くぼたけふみ)
生年月日:1971年
年齢:48歳ほど
出身:和歌山県
職業:ミサワホーム

では久保建英選手の父親である久保建史さんについてです。久保選手と名前がとても似ているので間違い探しみたいですね笑

ここまで久保選手を育ててきた建史さんですが、なんと普通の会社員なんだそうです。そして情報によるとあの住宅メーカーのミサワホームで働いているとのことでした。

中学高校はどこの学校だったかは不明ですが、大学は筑波大学体育専門学校を卒業しており、ここではサッカー部だったようです。大学時代には、少年サッカーチームの指導をしていたこともあるようです。しかし監督経験はないようでした。

その後、1994年にミサワホームに入社します。そして久保選手をはじめにサッカーをさせた東京都稲城市の坂浜サッカークラブのコーチもしているようです。

これ以上の細かい経歴などは不明ですが、ともかく普通の会社員ということでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




久保建史さんの教育方法

では何が凄いかというと久保選手を育てた教育方法ですね。

母親も一緒になって応援してきたので母親のおかげでもあるようです。ちなみにバルセロナユース時代は母親が一緒になってバルセロナに移り住んだようです。

そして建史さんの教育方法は『おれ、バルサに入る! 夢を追いかけるサッカー・キッズの育て方』という本を出版しており、そこで詳しく語られているようです。評価もかなりよく、レビューでは、親に読んで欲しい本だと書かれていました。

そして久保選手を幼少期から、運動が好きな活発な子に育てたいと思っていたそうです。そして自分もやっていたサッカーなら一緒に楽しめるのではないかと思ったようです。

そのためにこだわっていたのが徹底的に外で遊ぶ事だったようです。そして母親の考えで家の居心地が良いと外で遊ぶことをしなくなるということから、家に一切おもちゃをおかなかったんだそうです。

これはすごいですね・・・おもちゃ買っちゃいますよね普通。

そして外で遊ぶ時は裸足で遊び、体感や足裏の感覚を鍛えるためにそうしていたようです。さらに、家にもボールを置いておきいつでも蹴られるようにしていたようです。

そして、読書もたくさんさせていたようです。なんと400冊くらいの絵本を読んであげていたようです。これまた親の努力が凄い!さらに小さいうちはテレビはつけないという方針だったそう。

でもこうやって見てみると、スパルタの指導をしていたということはなく、何事も楽しんで教えていたという雰囲気が伝わっていますね。なので、サッカーの指導に熱心になっていたという教育方法とは違うようです。

Sponsored Links
Sponsored Links




まとめ

そして久保選手は現在欧州のクラブへ移籍を考えているようです。

そしてFC東京も退団するということですが、どうなるか楽しみですね!

次のW杯も久保選手が出場し、良い結果が残せるようになったら本当に嬉しいです!

久保選手の成長を楽しみに、そしてA代表での活躍も楽しみに応援しましょう!