中埜大輔(ミツカン文春騒動)の経歴学歴(慶応大学)や顔写真は?旧姓や出身と妻聖子との離婚も



週刊文春によってお酢で有名なミツカンの会長である中埜和英氏の娘婿である中埜大輔氏がお家騒動について告発しました。

今回は、中埜大輔氏のプロフィールや経歴学歴、そして妻の中埜聖子氏や中埜和英氏との関係などもまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

中埜和英(ミツカン会長)の娘聖子と夫大輔のお家騒動は?長女家系図や経歴プロフィールも

2019.05.31

ミツカンでお家騒動が勃発

 しかし今、中埜家にお家騒動が持ち上がっており、それはミツカン本体をも巻き込むほどにエスカレートしているという。

「すべては私を家族から追い出し、妻や息子と引き離すために画策されたことです」

 そう和英氏を告発するのは中埜大輔氏(38)。和英氏の次女で、次の当主と目される聖子氏(40・ミツカングループ専務)の夫だ。

 大輔氏は2013年、聖子氏と結婚し、中埜家に婿入りすると同時にミツカンに入社。だがほどなく、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようになったという。誤解を解くために直接話したい、と申し入れたら「私と直接話がしたいと言える立場か!」と突き放された。そして結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けた。

 2014年、義父母との関係が改善しないまま英国に居を移していた大輔氏夫妻に男児が誕生。中埜家にとって待望の跡継ぎ誕生を境に、圧力はさらに強まったという。

「義理の両親にとって、息子が誕生すれば私は用済みだったのでしょう」

引用:週刊文春オンライン

このように食酢の企業として有名なミツカンですが、当主であり会長の中埜和英氏と次女の聖子氏の嫁婿である中埜大輔氏の間でお家騒動が勃発しています。

ことの発端は、大輔氏と聖子氏の間にできた息子について、生まれて4日後に、和英氏から「養子縁組届」の書類を出されたことが始まりのようです。

つまり、大輔氏と聖子氏の息子ではなく、和英氏の養子としての子供になるということですよね。

なぜこのようなことになったかというと、次期当主は現在の専務取締役の聖子氏のようで、その次が、生まれた息子ということにするそうで、このことから、扱いやすいように聖子氏の息子を和英氏の養子として迎えようとしたのではないかと思われます。

しかし、大輔氏はこの「養子縁組届」にサインをすることに躊躇してしまったそうで、これによって、和英氏と和英氏の妻の美和氏から酷い扱いを受けるようになったということでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




中埜大輔氏のプロフィール

名前:中埜大輔(なかのだいすけ)
年齢:38歳
出身:不明
職業:ミツカン

今回のお家騒動の中心人物の大輔氏ですが、出身は不明ですが、現在38歳の方です。

一時期はミツカンで大阪へ異動指示をさせられ、イギリス在住の妻と息子と離れ離れにされようとしていたようですが、裁判で配転命令が不当ということを申し立てています。

結局は、現在はイギリスの妻と息子の元を離れて日本で一人暮らしをして4年も経ったようです。

そんな大輔氏ですが、中学高校は不明ですが、大学は慶応大学のようです。高校時代にはラグビーで国体にも出場したということだそうです。

旧姓が不明なので、名前や顔の特定は不可能でしたが、それなりに強い高校だったのではないでしょうか?

慶応大学卒業後は、大手証券会社そして外資系金融機関に転職して香港で勤務していたそうです。銀行系で働いていたエリートですよね。

そして、2012年に上司がミツカンの資産運用に関わった縁がはじまりで、ミツカン一家とのお見合いが行われ、エリートだった大輔氏がその対象になったとのことでした。

Sponsored Links
Sponsored Links




中埜和英氏と美和氏のプロフィール


名前:中埜和英(なかのかずひで)
生年月日:1950年9月18日
出身地:愛知県
年齢:68歳
職業:ミツカン会長

ミツカングループの現当主である和英氏はミツカンの会長兼CEOをしています。愛知県出身で当主としては8代目ということです。

学歴は慶応大学商学部で、卒業後に元ミツカンの中埜酢店に入社して家業を継ぐことになっています。

和英氏は高額納税者ランキングで6位にもなったことがあるくらいのお金持ちで、週刊文春の記事では、ミツカンの資産と同じくらい中埜家には資産があると語られていました。

名前:中埜美和(なかのみわ)
旧姓:西野美和(にしのみわ)
年齢:不明
出身:四国
職業:ミツカン副会長

そして和英氏の妻である美和氏ですが、出身は四国でその四国の造り酒屋「西野金陵」という所の家だったそうです。

「西野金陵」もミツカン同様に家業を守ってきた家柄のようです。この美和氏は和英氏よりも大輔氏に厳しくあたっていたと報じられています。

Sponsored Links
Sponsored Links




中埜家の家系図と自宅住所

そして中埜家についてです。家系図はこのようになっています。

父親:中埜政一
母親:竹本ふじ
長男:中埜和英(ミツカン会長)
二男:中埜宏泰
三男:中埜昌美
長女:中埜知子

父親:中埜和英(ミツカン会長)
妻:西野美和
長女:中埜裕子
二女:中埜聖子 ー 中埜大輔(夫)

和英氏は長男だったので家業を一番に継ぐことになったんでしょうね。

しかし、次に当主となるのは次女の聖子氏のようです。長女の裕子氏も一応ミツカンの役職に就いているようですが、次期当主ではないようです。

そして、中埜家の自宅が凄いんです。

自宅は、愛知県半田市にあり総面積1万7000m2もあるそうです。プールや地下室、複数の家が立ち並んでいます。

地図では「中埜産業」と書かれてありますね。地図で見ると大きさがよく分かります。

〒475-0852 愛知県半田市北末広町10

中埜和英(ミツカン会長)の娘聖子と夫大輔のお家騒動は?長女家系図や経歴プロフィールも

2019.05.31