熊澤英一郎の病気はアスペルガー症候群と統合失調症妄想型!学生時代のいじめが原因か



元農水省事務次官の熊澤英昭容疑者が、44歳の息子熊澤英一郎さんを刺したとして逮捕された事件。

亡くなった熊澤英一郎さんが、生まれつきアスペルガー症候群で18歳からいじめが原因で統合失調症になったということを自身のtwitterでつぶやいていたことがわかりました。

今回は熊澤英一郎さんのアスペルガー症候群や統合失調症についてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

熊澤英昭容疑者の息子熊澤英一郎や経歴学歴(出身大学)やwikiプロフィールは?自宅住所についても

2019.06.02

熊澤英昭事務次官のwikipedia経歴や自宅住所特定!学歴は東京大学法学部で息子英一郎がネトゲ廃人

2019.06.02

熊澤英一郎(熊澤英昭息子)の学歴は東京大学?顔画像ブログやpixivとHPやtwitterも特定!

2019.06.02

熊澤英一郎さんは生まれつきアスペルガー症候群

今回、亡くなった熊澤英一郎さんは、父親と口論になったということですが、ずっと引きこもりだったようです。

そして自身のtwitterで生まれつきアスペルガー症候群だということが語られています。

アスペルガー症候群は様々な定義があるようで、人によって様々な症状のようですが、今回のことに合致するのではないかと思うようなものもありました。

今回の発端は熊澤英一郎さんが「小学校の音がうるさい」と腹を立てたことから始まります。

そしてアスペルガー症候群の項目を見ると、音が過敏に聞こえることがあるようで、これで不安になったりするようです。もしかするとこれが関係あるかもしれませんね。

ちなみにアスペルガー症候群にはコミュニケーションに関する項目もあるので、それが他の人と噛み合わないと引きこもりのようになってしまう可能性もありそうです。

Sponsored Links
Sponsored Links

熊澤英一郎さんはいじめで統合失調症に

そして、熊澤英一郎さんは、統合失調症にも途中からなったということです。

ちなみに先ほどのツイートでは18歳で統合失調症になったと書かれてありましたが、こちらのツイートでは20歳から統合失調症になったと書かれてあります。

おmしかすると2度発症したということかもしれません。上記ツイートでは20歳の時、大学1年の時と書かれてありますので大学1年は18歳ですよね。それならつじつまが合います。

そして統合失調症の妄想型というのになったということを話していますが、「虚言癖」も統合失調症によってなることがあるようです。

ですので、これまでのtwitterでつぶやいていたこともその中に嘘がたくさんあった可能性もあります。

何度も同じことをつぶやいているようですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

統合失調症の原因はいじめ?

さらに熊澤英一郎さんのツイートを調べると、いじめ続けられた原因で統合失調症になったとツイートしていたようです。

はじめは18歳のときに発症したようなので、高校時代のクラスメイトでしょうか?

そもそもうまれつきアスペルガー症候群であったためにうまくコミュニケーションがとれずにいじめられた可能性もあります。

しかし、結果的にこのようなことがあっても大学に通って卒業までしていたようなので、そこはちゃんとしていますよね。

その後は一度も就職していないのかはわかりませんが、代々木アニメーション学院なども通っていた為に、ずっと学生生活が長かった可能性もあります。

Sponsored Links
Sponsored Links

熊澤英一郎さんは母親を恨んでいた?

このように母親に対する恨みのツイートが多くつぶやかれています。

ちなみに熊澤夫妻の写真はこちら。

母親は厳しい人で、熊澤英一郎さんのプラモデルなどを壊してしまって熊澤英一郎さんの恨みをかっていた可能性もあります。

そして熊澤英一郎さんは、母親や父親にも暴力を振るっていたということもわかっていますので、かなり危ない家庭環境だったようですね。

熊澤英昭容疑者の息子熊澤英一郎や経歴学歴(出身大学)やwikiプロフィールは?自宅住所についても

2019.06.02

熊澤英昭事務次官のwikipedia経歴や自宅住所特定!学歴は東京大学法学部で息子英一郎がネトゲ廃人

2019.06.02

熊澤英一郎(熊澤英昭息子)の学歴は東京大学?顔画像ブログやpixivとHPやtwitterも特定!

2019.06.02