男子がもらったら嬉しいバレンタインの義理チョコブランドランキング5選

Sponsored Links
Sponsored Links

バレンタインデーが近づいてきました!

義理チョコでも喜んでほしいけれど、手作りはちょっと大変だし、買うにしても何を選んだらいいかわからない……。

そんな人も多いのではないでしょうか?

義理チョコにお勧めのブランドを紹介しますのでこちらをぜひ参考にしてみてください。

予算や好みでお勧めも変わってきますので、バリエーションも豊富になるように選びましたので、渡す人の好みに合わせて選んでみてください。

①GODIVA
tyoko2

高級チョコレートの定番といえばGODIVAです。

ベルギーで生まれたゴディバは現在日本で250店舗まで拡大しており、高級感のあるチョコレートとして一番有名なのではないでしょうか?

デザインにも中身にもこだわった上質なチョコレートは喜んでもらえること間違いありません。

また小さいものなら1粒200円程度から買えるものもあるので、高級だからちょっと抵抗があるという人でも選択肢に入れてみてもいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク




②ロイズ
tyoko3

日本の北海道で生まれたチョコレートです。

こちらも非常に有名でバレンタインの定番商品となっています。

またバリエーションも豊富でブランデー入りの生チョコレートやポテトチップスとチョコが絡んだものまであります。

ポテトチップスは甘さと塩気が絶妙にマッチしていて病み付きになること間違いありません!

また比較的値段が安価でプレゼントに選びやすい点も忘れてはいけないポイントです。

洋酒の入った生チョコレートも安価で購入可能です。

③ラ・メゾン・デュ・ショコラ
tyoko5

フランスで生まれたチョコレートで、現在日本の東京と大阪に4店舗出店しています。

見た目の印象はシンプルながら上品な甘さが特徴です。

スポンサードリンク




④リンツ
tyoko6

こちらも価格控えめな点がお勧め。でも中身はちゃんとしています。

一番のお勧めはリンドールで小さいものを小分けにして渡せることは渡す側にとってはおおきなポイントですよね!

スポンサードリンク




⑤モロゾフ
tyoko7

価格を抑えておしゃれに渡すならモロゾフがお勧めです。

価格は300円~900円程度。

パッケージもポップなものから落ち着いたものまで幅広くあり、どの世代の人にも合わせやすいのもポイントです。

また百貨店で扱っているものも多いですが、スーパーやコンビニで売っているケースもあるため手に入れやすい点も大事なポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

予算に余裕がある場合のものからそうではないものまで幅広く紹介しました。

こちらを参考にしてぜひ喜んでもらえるチョコレートをプレゼントしてあげてくださいね!

Sponsored Links
Sponsored Links