中埜和英(ミツカン会長)の娘聖子と夫大輔のお家騒動は?長女家系図や経歴プロフィールも


週刊文春によって、ミツカン会長の中埜和英氏が次女の中埜聖子氏の夫である中埜大輔氏が告発したことが報じられました。

今回の記事ではお家騒動となった告発内容や中埜和英氏のプロフィールや経歴、さらに長女や家系図なども調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

中埜大輔(ミツカン文春騒動)の経歴学歴(慶応大学)や顔写真は?旧姓や出身と妻聖子との離婚も

2019.06.04

ミツカンのお家騒動が勃発

売上高約2400億円、家庭用の食酢で約7割のシェアを誇るミツカン。創業200年超、愛知県半田市の中埜家が代々経営してきた非上場の同族会社だ。

現在は、中埜家の8代目当主である中埜和英・ミツカングループ代表取締役会長兼CEO(68)がトップを務める。和英氏は、高額納税者全国6位に名を連ねたこともある大資産家でもある。

しかし今、中埜家にお家騒動が持ち上がっており、それはミツカン本体をも巻き込むほどにエスカレートしているという。

「すべては私を家族から追い出し、妻や息子と引き離すために画策されたことです」

そう和英氏を告発するのは中埜大輔氏(38)。和英氏の次女で、次の当主と目される聖子氏(40・ミツカングループ専務)の夫だ。

大輔氏は2013年、聖子氏と結婚し、中埜家に婿入りすると同時にミツカンに入社。だがほどなく、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようになったという。誤解を解くために直接話したい、と申し入れたら「私と直接話がしたいと言える立場か!」と突き放された。そして結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けた。

2014年、義父母との関係が改善しないまま英国に居を移していた大輔氏夫妻に男児が誕生。中埜家にとって待望の跡継ぎ誕生を境に、圧力はさらに強まったという。

引用:週刊文春オンライン

次女の嫁婿である大輔氏は、不当に退職勧告を受けたという内容のようです。そして結局は大阪の物流センターへ異動になったとか。

この異動の理由が家族化から引き離すためという理由なので、それは不当だとして名古屋地裁に仮処分を申し立てたようです。

結局2016年の裁判で不当配転との主張を認められて異動は無効になったそうです。しかし現在も大輔氏は日本で家族と離れ一人で暮らしているようです。

こういうお家騒動はちょっとむずかしいですよね。。。

Sponsored Links
Sponsored Links




中埜和英氏のプロフィール

名前:中埜和英(なかのかずひで)
生年月日:1950年9月18日
出身地:愛知県
年齢:68歳
職業:株式会社ミツカングループ代表取締役会長兼CEO

和英氏は愛知県出身で現在ミツカングループの8代目当主となっています。

学歴は慶應義塾大学商学部です。卒業後に当時の中埜酢店に入社します。その後の経歴はこちら。

1973年:(株)中埜酢店入社
1986年:(株)中埜酢店専務取締役
1994年:(株)中埜酢店代表取締役専務
1995年:(株)中埜酢店代表取締役副社長
1998年:(株)ミツカングループ本社代表取締役副社長
2002年:(株)ミツカングループ本社代表取締役社長

週刊文春によると高額納税者全国6位にもなったことがあるということで、とんでもない資産家ですよね。数百億数千億の資産を持っている可能性がありますね。

Sponsored Links
Sponsored Links




中埜和英氏の長女や家系図は?

中埜和英氏の名前を調べると長女というキーワードが出てきました。

今回は次女の聖子氏が出てきましたが長女も気になりますね。ということで家系図を調べてみました。

父親:中埜政一
母親:竹本ふじ
長男:中埜和英(ミツカン会長)
二男:中埜宏泰
三男:中埜昌美
長女:中埜知子

・中埜和英(ミツカン会長)
妻:西野美和
長女:中埜裕子
二女:中埜聖子 ー 中埜大輔(夫)

このようになっています。中埜和英氏には跡取りとなる息子さんが生まれなかったんですね。

そして長女の名前が中埜裕子氏だとわかりました。

中埜裕子氏さんの名前で検索すると2016年時点で、専務取締役という役職になっていたことがわかりました。

やはりある程度の役職なんですね。

ちなみに自宅住所はこちらのようです。

〒475-0852 愛知県半田市北末広町10

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声

中埜大輔(ミツカン文春騒動)の経歴学歴(慶応大学)や顔写真は?旧姓や出身と妻聖子との離婚も

2019.06.04