佐賀県嬉野市役所窓口対応お断りの50代男性クレーマーは誰?暴言内容や名前と顔画像も調査!



佐賀県嬉野市の市役所で50代男性に対し窓口対応を拒否する通知を出していたことが話題になっています。

この通知は法的に全く効力はないそうですが、市は職員を守るためにこのようなことをしたとのことでした。

今回の記事では、窓口対応お断りの暴言内容や50代男性クレーマーは誰なのかなどまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

佐賀県嬉野市の市役所で窓口対応お断りの通知

窓口対応はお断り――。佐賀県嬉野市が市内に住む50代男性に対し、村上大祐市長名で一部を除く市役所での窓口対応を拒否する通知を出していたことが、弁護士などへの取材で判明した。識者は「行政が窓口対応を断る通知を出すのは異例で、通知に法的根拠は全くない。大人げない対応だ」と話している。

3月13日付の通知書で、市は男性に対して「貴殿の市に対する質問、意見などは、回数、所要時間、内容において、市の業務に著しい支障を与えてきた」と指摘。そのうえで▽市への質問は文書に限り、回答は文書で行う▽住民票や戸籍、保険、年金の窓口交付以外の対応は文書の受け取りだけに限る▽電話には一切応対しない――の3点を通知した。

引用:毎日新聞

今回嬉野市役所は、50代男性に対し窓口対応に関し大きく市の業務に支障を与えてきたといいます。

実際法的効力はないようですが今回、その男性に対して「窓口対応お断り」の通知をしたということは相当なことをしたと思われます。

文書の受け取りと質問は文書で答えるという直接的なやりとりはしないというようなことを通知したようです。

市役所の人も人間ですから、相当なことをされてきたと思うとストレスでおかしくなってしまいますよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




市役所への暴言内容は?

一方、市は「男性に数年間対応してきた中で職員に対する暴言が複数回あり、職員を守るために決定した」と説明している。

引用:毎日新聞

今回氏がニュースに書かれていた内容によると、この50代男性から、職員に対する暴言が複数回あり、さらにそれが数年間続いたということでした。

もうおかしいやつですよね・・・対応した職員は本当に辛かったでしょう。

まず、暴言を吐く時点でありえません。市役所で暴言なんて吐くことってどんな状況なんですかね?しかも数年間ってなんのことでだよと思ってしまいます。

暴言の詳しい内容は不明ですが、「農地の関係で市に相談していた」ということです。

農地ということは土地の問題ですよね。。。ん〜どんな内容だったんでしょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links




窓口対応お断りの50代男性クレーマーは誰?

農業を営んでいる男性は農地の関係で市に相談していたといい、窓口対応の拒否に「市の対応は許せない」として法的措置を検討している。

引用:毎日新聞

まず、嬉野市役所というのは、ネットの口コミによるよ対応はとても良いのだそうです。

それでもこのような通知が来たということは相当やばい人物だったのでしょう。

そしてこの男性クレーマーですが、わかっていることは50代男性で農業を営んでいる方だったようです。

名前や顔画像はわかっていません。

50代ということですから、このような年代になると融通がきかなかったりしますよね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットで識者・本田博利氏に対する考え方に批判

行政法に詳しい本田博利・元愛媛大法文学部教授は「行政機関として、窓口対応を断るのではなく、きちんと話を聞いて納得してもらう努力をすべきだ」と指摘している。

引用:毎日新聞

そして今回この記事で識者として登場する本田博利・元愛媛大法文学部教授の発言についてネットでは、批判が多くなっているようです。

もしかすると一部発言を切り取られたものかもしれないので注意が必要ですが、この記事だけで判断するとネットでは批判が多いようですね。