高校生がバレンタインで告白する為にするべき5つの準備


2月は女性にとっては一大イベントのバレンタインデー。

でもほとんど話をしたことがない彼に無謀なチョコ渡しをしようとしていませんか?

せっかく告白するなら、本命の彼のハートを射止めるためにも、できる限りの準備をしておきたいものです。

そこで今回は高校生がバレンタインデーで告白を成功させるために何を準備したらよいのかをお伝えします。

①まずは仲良くなること
kokuha2

まったく知らない人や話したことのない女性から告白されても、困惑してしまいます。

そのためにもバレンタインデーの前から彼との距離を縮めていきましょう。

まずは簡単に挨拶から初めてみるとよいでしょう。いきなり距離を縮めるのではなくて、徐々に縮めていくのがベストです。

②連絡先を聞く
kokuha4

ある程度仲良くなったら、今度はLINEやメールアドレスを聞くことが大切です。

直接面と向かって話しにくいこともたくさんあります。

そのためにも連絡先を聞いて、聞きにくいこともLINEで聞いてしまうのが簡単です。

彼の趣味やどんな人がタイプなのか、また好きな人がいるのかどうか聞くだけでも成功率がアップしますよ。

③彼女がいるのか聞いてみる
kokuha1

本命の彼の連絡先を聞いたらしめたものです!

彼に彼女がいたら元も子もありません。でも直接会って彼女がいるのか聞くのも勇気が必要。

そんな時はLINEやメールで聞いてしまうのが気楽です。

彼女がいなければ、バレンタインデーの予定やタイプの女性を聞いておくとよいでしょう。

④手紙とチョコを作る
kokuha5

連絡先を聞いて彼女がいないこと。

そして彼のスケジュールをおさえたら、あとは手紙とチョコを準備するだけです。

チョコだけで渡すよりも、手紙を添えた方が本命の彼に気持ちが伝わります。

言葉で伝えにくいことも手紙なら伝えやすいですよね。

彼の好きな所などを書いて自分の気持ちを伝えましょう。

⑤二人きりであうこと
kokuha6

ここまで準備できたらあとは、二人きりになれるシチュエーションを作るだけです。

周りに人がいるとチョコを渡しにくいだけでなく、彼も返答しにくい場になってしまいます。

準備をしていれば連絡先を聞いているでしょうから、二人きりになれる場所までに来てもらうようにお願いしましょう。

まとめ
kokuha7

今回はバレンタインデーで告白するために高校生がすべき準備についてお話ししました。

①仲良くなること
②連絡先を聞くこと
③彼女がいないことを確認すること
④手紙とチョコを準備すること
⑤二人きりであうシチュエーションを作ること

この5つの準備ができれば、きっと本命の彼のハートをゲットすることができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。