藤原和典(市立尼崎高校バレー部監督)と外川叶人(体罰コーチ)の名前と顔画像特定?隠蔽工作も


尼崎市立尼崎高校の男子バレー部で男性コーチから体罰を受けたことにより鼓膜が破れて倒れた生徒が発生した件で、監督が怪我はなかったと隠蔽していたことがわかりました。

今回は尼崎高校の体罰や藤原和典監督と外川叶人コーチについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

バレー部監督が体罰の怪我を隠蔽

強豪として知られる兵庫県尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で、3年生部員が臨時講師の20代男性コーチからたたかれて鼓膜裂傷のけがをし、一時意識を失った問題で、市教育委員会は21日、部の50代男性監督がけがの事実などを隠蔽(いんぺい)して報告していたと発表した。コーチの体罰が部内で常態化し、監督自らも体罰をしたとする調査結果も明らかにした。市教委は関係者の処分を検討する。

市教委によると、監督は当初、4月29日に起きた今回の体罰自体を学校側に報告していなかった。今月7日、外部からの情報提供で学校が調査を始めると、監督はけがなどの事実を伏せた体罰の報告メモを学校側に提出。同校の校長は市教委に「けがはない」と伝え、市教委は被害生徒らへの聞き取りをしないまま、9日に学校側の説明通りに発表していた。

この過程で、監督から報告を受けた教頭は、コーチへの聞き取りなどから部員がけがしたことなどの事実を把握したのに、監督のメモをもとに報告書を作り、校長に渡していた。市教委は「限りなく隠蔽に近い」と判断した。

引用:朝日新聞

尼崎高校の男子バレー部でコーチが生徒に平手打ちしたことで、鼓膜が破れて2,30分動けなくなった体罰がありました。

さらに体罰事態も常態化していたということが明らかになりました。

そして今回、コーチの体罰を監督が怪我はなく「保護者から公にしないでほしいと言われた」と嘘をついて隠蔽していたということが今回わかりました。

これは本当にありえないことですよね・・・

調べるとバレー部だけでなく、野球部でも体罰が行われていたということもわかっており、学校全体が問題あるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

バレー部監督とコーチが特定?

そして今回体罰したと思われるコーチと隠蔽した監督の名前と顔画像がわかりました。

上記画像は平成30年のもののようですが、監督とコーチの名前が掲載されています。

監督:藤原 和典(ふじわらかずのり)
コーチ:外川 叶人(そとかわ?かのと)

この2名が今回問題のあった人だと思われます。

そしてこのサイトには、この2人と思われる画像もありました。

この黒い服を着ている中央と右側の人が監督とコーチではないでしょうか?

コーチが28歳で監督が51歳ということですが、見た感じだと、中央が監督で右側がコーチではないでしょうか?

しかし、28歳というには老けているように見えますので、右の方は違う方かもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声