山田浩二被告のwiki本名改名や獄中結婚した妻は?両親や死刑判決確定(寝屋川市事件)



中学生の男女2人の命を奪ったことで逮捕された山田浩二被告判決がでました。

あれだけの事件を起こしていた山田浩二被告ですが、それまでにも山田浩二被告は数え切れないほどの罪を犯しているみたいです。

今回は山親や死田浩二被告のwiki本名改名、獄中結婚した妻などについてまとめました。

2人のことを思うとこの判決も正しいのかなと思いました。

Sponsored Links
Sponsored Links

山田浩二被告の死刑判決が確定

大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年に●害したとして、●人罪に問われた山田浩二被告(49)が控訴を取り下げ、●刑を言い渡した昨年12月の大阪地裁判決が確定していたことが分かった。

判決によると、山田被告は15年8月13日、星野凌斗さん(当時12歳)と平田奈津美さん(同13歳)の首を圧迫するなどして窒息死させた。

裁判では自供などの直接証拠が無く、殺意や被告の刑事責任能力が争点となった。

弁護側は星野さんは体調不良で死亡したなどと主張したが、判決は被告が2人を●害したと認定。

「生命軽視の度合いが著しく、極刑はやむを得ない」として、求刑通り●刑を言い渡した。

引用:毎日新聞

この事件が起きてもう4年経とうとしていますが、つい最近起きたかのように鮮明に覚えている事件です。

それほど衝撃的なニュースでした。

星野凌斗さん(当時12歳)平田奈津美さん(同13歳)のことを思うと今回このような判決になったことは良かったです。

2人の子共の将来を奪った山田浩二被告ですが、あまりにも命を軽視していて本当に許せないですよね。

Sponsored Links
Sponsored Links

山田浩二被告のプロフィール

山田浩二被告は現在49歳で2015年8月13日に当時中学生だった男女2人を窒息死させた容疑で逮捕されました。

名前:山田浩二(やまだこうじ)
生年月日:1970年4月4日
年齢:49歳
出身:大阪府寝屋川市
職業:不明

山田浩二被告は元々、渡利浩二という名前でした。

その後結婚し、柴原浩二となり、離婚し知り合いに養子縁組してもらい今の山田浩二という名前になったようです。

山田浩二被告は、幼いころから素行が悪かったようですが誰も注意してくれなっかたんでしょうかね。

その素行の悪いまま大人になったのも何だか可哀想ですね。

名前がいくら変わっても、山田浩二被告は山田浩二のままですからね。

命を軽く見てこんな事件を起こすんですから、今回この判決は当たり前かと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

山田浩二被告が獄中結婚した妻や子供は?

山田浩二被告が柴原という性を名乗っていたのは、結婚したからです。

子共のいる女性と山田浩二被告は獄中に結婚したようです。

そして、獄中離婚をしています。

どんな経緯で結婚したのかなどは良くわかりませんが、相手は子供のいる女性ということで今回の事件のように子供が狙われなくて良かったなと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

山田浩二被告の両親は?

山田浩二被告の両親ですが、幼いころは共働きだったようで父はパン屋で働き、母はパートで働いていたみたいです。

現在の両親ですが、父は80歳を超えており脳梗塞の後遺症があるみたいです。

そんな父を70歳超えている母が看病しているみたいですね。

山田浩二被告は、両親と3人で暮らしていたはずですからこの光景などをみて何か感じるものはなかったのでしょうか。

また、山田浩二被告には5歳離れた妹がいるそうですが、妹の情報は全くないので分かりませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声