盛岡インターチェンジETCレーン追突事故の78歳男性は誰?名前や顔画像と箱崎富子さん死亡



5月19日に盛岡インターチェンジのETC専用レーンで78歳の男性が運転する車が、原則せずに突っ込み、前方の車に追突する事故が起きました。

この事故で、前方にいた車に乗っていた箱崎富子さん(81)が死亡し、70代から80代の男女5人が重軽傷に。

今回は事故を起こした78歳男性のプロフィールや事故現場など調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

盛岡のETCレーンで追突事故

東北自動車道の盛岡インターチェンジのETC専用レーンで19日、78歳の男性が運転する車が前の車に追突して1人が死亡し、5人が重軽傷を負いました。

事故があったのは東北自動車道の盛岡インターチェンジで、警察によりますと、19日午後3時15分ごろ、ETCの専用レーンから出ようとしていた乗用車に別の乗用車が追突しました。

この事故で、追突された車の後ろの座席にいた盛岡市に住む箱崎富子さん(81)が頭を強く打ち、病院で手当てを受けていましたが、20日朝死亡しました。

このほか、双方の車の70代から80代の男女合わせて5人が重軽傷を負いました。

調べによりますと、追突した車を運転していたのは78歳の男性で、追突された車はETCの専用レーンを時速20キロ以下で走行していたと見られるということです。

警察は男性が前をよく見ずにレーンに進入し、減速しなかった可能性もあると見て詳しい状況を調べています。

引用:NHK NEWS WEB

このように事故が起きましたが、前をよく見ないでETCレーンに進入したとなれば驚きですよね・・・

またもや高齢者ということですが、前を見ないってどういうことですかね・・・

Sponsored Links
Sponsored Links

事故現場の場所

今回の事故現場は、東北自動車道の盛岡インターチェンジということでした。

もしかしてETCのことよくわかっていなかったんですかね?

知っていたら減速しないということありえないですよね。

しかも目の前に車がいるのに、どこをみていたというのでしょうか?


Sponsored Links
Sponsored Links

事故を起こした78歳男性は誰?

名前:不明
年齢:78歳
職業:不明

現時点で、78歳の男性について出ている情報はありませんでした。

ですので、facebookや顔画像の情報も不明です。

車の車種なども不明ですが、まさかプリウスミサイルではないですよね・・・

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声