福島県中学校で黒板にみんなでいじめようと書いた教諭(48)は誰?名前や顔画像と学校はどこ?



福島県南部の公立中学校で48歳の男性教諭が中学3年生の男子生徒を名指しして黒板に「みんなでいじめよう」と書き込んだとして減給処分になり、校長が戒告処分になっていたことがわかりました。

今回は、黒板に書いた教師や校長、そしてこの中学校はどこなのか調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

「みんなでいじめよう」と教師が黒板に書く

福島県教育委員会は17日、中学3年の男子生徒(当時15)を名指しし、「みんなでいじめよう」と教室の黒板に書き込んだとして、県南部の公立中学校の男性教諭(48)を減給10分の1(6カ月)、校長を戒告処分にしたと発表した。

県教委によると、教諭は昨年10月10日、整髪料を付けすぎていたとして、男子生徒を口頭で注意。その後、黒板の1日の行動目標を書く欄に男子生徒の名前とともに、「調子にのっているからみんなでいじめよう」と書いたという。

生徒はその後、卒業までの104日間のうち57日を欠席し、不登校になった。現在は進学した高校に通学しているという。

教諭は「生徒と信頼関係があると思っていたため、冗談のつもりで書いてしまった。軽率だったと大変反省している」と話しているという。

引用:朝日新聞

今回黒板に「みんなでいじめよう」と名前を書いたということですが、これを書いた教師は冗談のつもりで書いていたといいます。

教師と生徒の関係性がどれだけの仲だったかは不明ですが、こういうことは冗談でもやってはいけないと思います。

そして今回、男性教師は減給、校長は戒告処分だったということで、福島県教育委員会に批判がネットでは広がっています。

そもそも10分の1の減給なら働いていけないと思いますが・・・

Sponsored Links
Sponsored Links




「みんなでいじめよう」と書いた教師は誰?

ではこんなことを黒板に書いた教師は誰なのでしょうか?

今回、その男子生徒が整髪料を付けすぎていたとして注意した後に書いたということですが、どんな思考をしていたら「調子にのっているからみんなでいじめよう」という言葉が出るんでしょうね?

ひどすぎますよね。

残念ながら今現在はこの男性教諭が48歳だという年齢と学年主任ということしかわかっていません。

このような人が先生になってはいけませんよね。しかも学年主任って偉い立場ですよね。なぜこんな人がって思います。

そして、処分の内容が軽すぎます。普通に今でも教師として仕事をしていると思いますから、生徒が長期間休んだという過去は消せませんからね。

Sponsored Links
Sponsored Links




戒告処分の校長は誰?

そして今回高調波戒告処分を受けたという校長ですが、まずなぜ校長がこのような処分を受けているのでしょうか?

もしかすると隠蔽を図ろうとしていたのかもしれません。

上記ツイッターのようにただとばっちりを受けての戒告処分だったかもしれません。

この校長についても誰かはわかっていませんが、戒告処分とは、停職や減給などの懲戒処分の中では一番軽い処分で、特に何をするというものではありません。

責任を確認して将来を戒める処分だそうですが、これは履歴書にも書かないといけないことだそうで、それによって次に別の学校に行く場合などはそれを考慮されるということですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




福島県南部の中学校はどこ?

ではこの福島県南部の中学校はどこなのでしょうか?

現在特定はされていませんが、南部といっても福島県は横に長い県ですので、かなり広いです。福島県の面積は県の中ではトップに広い土地を持っているので、それだけ特定は難しいですね。

いわき市も一応南よりでもありますが、どうなんでしょうね。

学校が特定されてば、校長などもわかると思いますが、現状はわかっていません。

ともかくまだこの学校でこの教師は働いていたとしたら、本当にその男子生徒が浮かばれませんね。

現在はその男子生徒はちゃんと高校には通えているようなのでこれは良かったと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




twitterの声