リトルジェムス北九州校の暴行カナダ人講師はジェイソン?名前や顔画像と動画も




園児が被害に遭うニュースがまた起こりましたね。

リトルジェムス北九州校で園児たちに日常的にカナダ人男性暴行行為をしていました。

リトルジェムス北九州校の元職員の方が撮影し発覚したようです。

そこで今回は、リトルジェムス北九州校の暴行カナダ人講師はジェイソン先生なのか、名前や顔画像などについてまとめました。

園児を必死に守る保育士もいれば、今回のように園児を傷つける保育士もいるということを忘れてはいけないですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

北九州市小倉北区暴力事件の認可外保育施設はリトルジェムスと特定?カナダ人講師の名前や顔画像も

2019.05.15

北九州市小倉北区の認可外保育施設の園児暴行動画が出回る

北九州市小倉北区の認可外保育施設で今年、カナダ人の40代の男性講師が幼児をたたくなどの虐待行為をしていたことがわかった。

施設側の弁護士が暴行を認めた。北九州市は14日に立ち入り調査をし、施設側に口頭で改善を指導した。

施設で働いていた別の男性が今月、暴行の様子を撮影した動画をSNS上に投稿したことから発覚。

動画には幼児の服をつかんで、平手でたたく様子が映し出されている。男性によると、今年3月中旬ごろだという。

これとは別に、幼児を粘着テープで縛る行為もあったとしている。

引用:朝日新聞

実際に暴行行為をしていたのは、カナダ人男性みたいですがその行為を止めずにいた周りの職員たちにも疑問を抱きます。

子供を命のある人として見ていない感じが見受けられますよね。

子供と関わる仕事に向いていない以前に、人としてあるまじき行為です。

これが日常にあると考える英語さえ嫌いになってしまう環境にあるのではないでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

保育施設がリトルジェムス北九州校と噂?

今回問題となった行為が行われたのは、リトルジェムス北九州校であることがわかりました。

実際にホームページを見ると、リトルジェムス北九州校で発生したと記載されています。

この度、一部マスコミにおいて報道されております、当園の外国人講師により生徒に対して不適切な指導がなされていた件(以下「本件」といいます)につきまして、被害生徒及び保護者様に対し、深くお詫び申し上げます。

また、その他在籍生徒及び保護者の皆様におかれましても、ご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。

今後は、被害生徒及び被害生徒の保護者様に対して誠意ある対応を行うと共に、その他の在籍生徒及び保護者様に対しても、生徒が安心して園の生活を行えるよう、信頼回復に努めてまいる所存です。

なお、本件はリトルジェムス北九州校で発生した事件であり、他の法人が各地域にて運営されているリトルジェムス校は一切関係がございませんので、本件について、他のリトルジェムス校へのご連絡はお控えいただきますようお願いいたします。

引用:リトルジェムス 北九州校

リトルジェムス北九州校は、インターナショナルスクールで実際に外国の先生を受け入れています。

リトルジェムス北九州校は北九州市小倉北区馬借1-1-17小倉タワー1Fにある認可外保育施設です。

またCIC英語幼児園との噂もありましたが、こちらは完全なデマでありCIC英語幼児園側も否定しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

カナダ人講師はジェイソン先生?



40代のカナダ人講師はジェイソン先生であり顔も特定されていますね。

こちらの動画にはジェイソン先生が映っており、拡散された動画と一緒の色の服を着ていますね。

名前:ジェイソン
出身:カナダ・オンタリオ
来日:2001年

こちらはリトルジェムス北九州校の講師のページに掲載されていたものです。

また情報によると、ジェイソン先生は2児の父であることも分かっています。

子供を持つ父親が子供に対してあれだけの行為ができることに驚きを隠せません。

自身のお子さんにはどのように接していたんですかね。

酷いとしか言いようがありません。

保育園側もお子さんたちの心などのケアはしっかりしてあげて欲しいと切に願います。

ただ、ここで驚きなのが8割の親御さんがジェイソン先生に戻ってきて欲しいと言っているみたいです。

子供の気持ちはどこにあるのだろうか、考えさせられますね。

Sponsored Links
Sponsored Links

ネットの声

北九州市小倉北区暴力事件の認可外保育施設はリトルジェムスと特定?カナダ人講師の名前や顔画像も

2019.05.15