高田純次の奥さん(妻嫁)や子供(娘)の顔画像年齢とアパレルの噂?ポルシェ当て逃げで22歳男性とトラブル?




車での事故が後を絶たないですね。

あおり運転、逆走、踏み間違えでの発進、高齢者の運転などなど本当に車での事故が増え続けています。

そして高田純次さんが運転する車が事故を起こしていたことがわかりました。

そこで今回は、ポルシェを運転していた高田純次さんが当て逃げ22歳男性とトラブルを起こしていた問題や奥さんや娘の顔画像、年齢などについてまとめました。

Sponsored Links
Sponsored Links

交通事故でトラブル

タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」
 
約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。
 
事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

引用:文春オンライン

事故って誰でも起こしてしまう可能性はありますよね。

ただその事故を起こさないように最善の注意を払って運転しますよね。

もしも事故を起こしてしまったら、誠意のある対応をするのが常識です。

芸能人であるからこそ、そこは尚更誠意のある対応が必要だったんじゃないかなと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links




高田純次さんのプロフィール

高田純次さんは現在72歳で32歳からテレビデビューし今も俳優・タレントとして活動しています。

名前:高田純次(たかだじゅんじ)
生年月日:1947年1月21日
年齢:72歳
出身:東京都調布市
職業:タレント、俳優

学歴や芸能人になるまでの経歴は苦労していたように感じます。

学歴はこちらです。

・調布市立第三中学校
・東京都立府中高等学校
・東京デザイナー学院グラフィックデザイン科

そんな高田純次さんは、俳優を目指したのは1971年のことです。自由劇場に入団して研究生となります。

1年で退団し、その後結婚しますが、全然稼げていないので26歳の時に宝石販売会社に入社してサラリーマンをしていたようです。それから劇団東京乾電池という劇団に入団し、32歳の時にやっとテレビデビューしていったようです。

テレビデビューするまではだいぶ苦労していたのが分かりますね。

32歳にテレビデビューし40年経った現在も、じゅん散歩などの番組を持って活躍しています。

40年活躍し続けているのに、たった1度の間違った対応で今までの努力を台無しにして欲しくはないですよね。

ですが、今回は被害者がいるのでなんとも言えないですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




高田純次さん妻・勢子さん

「自由劇団」に高田純次さんが入団しているときに、劇団員として活動していた勢子さんと26歳の時に結婚しました。

年齢は高田純次さんの1歳年下だそうですので、現在は71歳かと思われます。顔画像はわかっていません。

情報によると、勢子さんは日本舞踊の免許を持っているそうで日本舞踊の先生として活動していると言われています。

洗濯用洗剤のCMに夫婦で共演したこともあるみたいですね。

高田純次さんが惚れたとなると、勢子さんはよっぽど美人でできた人なんでしょうかね。

Sponsored Links
Sponsored Links




高田純次さんには2人の娘

高田純次さんには2人の娘さんがいるようです。

長女の名前は高田裕子さんです。

裕子さんは1976年生まれという情報があるので年齢は42歳か43歳ですね。

裕子さんは現在、ファッションブランド「タージュ(TAGE)」のデザイナーとして活動しているようです。

次女の名前は調べたのですが一般の方みたいで情報にはありませんでした。

ですが、次女はすで結婚されてお子さんも2人いるようです。

職業は銅版画作家という情報がありました。

2人とも高田純次さんの名前を出さずにこれだけの結果を残しているのは凄いですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声