横山茜(きさらぎ亭店主)のプロフィールや父親は?結婚した夫や子供も


たくさんのその人自身のルールを7つにまとめて放送するセブンルールは多くの方が視聴する番組です。

5月14日の今日はきさらぎ亭の二代目、横山茜さんのセブンルールです。

そこで今回は、横山茜さんのプロフィールや父親、結婚した夫や子供についてまとめました。

42年続く食堂は気になりますね。

Sponsored Links
Sponsored Links

横山茜さんがセブンルールに出演

東京・桜新町で42年続く小さな食堂「きさらぎ亭」。

自家製の甘辛い味噌がしみ込んだ鯖味噌煮定食や、ボリューム満点のチキンカツ定食など、
全18種の定食メニューが並び、創業当初から変わらぬ味を求めて連日多くの客が訪れる。

そんな「きさらぎ亭」の二代目・横山茜(43)が今回の主人公だ。 引用:セブンルール

42年続く食堂を守り続けている7つのルールとは何のか気になりますね。

二代目であるにも関わらず、創業当初から変わらない味を作り続けるのは並大抵な努力ではできないはずです。

5月14日に放送されます。

Sponsored Links
Sponsored Links




横山茜さんのプロフィール

横山茜さんは、現在43歳きさらぎ亭の二代目として仕事をしている方です。

去年父から、きさらぎ亭を引き継ぎ二代目になりました。

名前:横山茜(よこやまあかね)
生年月日:不明
年齢:43歳
出身:東京都
職業:きさらぎ亭二代目

高校卒業後、大阪芸術大学に進学しそのまま大阪で20年間生活。

4年前に劇作家の夫と息子の3人で東京に戻ってきたという。

二代目になったのが去年というのに、味をしっかりと引き継がれているのは単純に凄いですよね。

42年続くお店を継ぐという決意にも驚かされます。

Sponsored Links
Sponsored Links




きさらぎ亭とはどんなお店?

きさらぎ亭は、東京・桜新町で42年続く小さな食堂です。

メニューは全部で18種類あるそうです。

18種類の中には、自家製の甘辛いみそがしみ込んださば味噌煮定食ボリューム満点のチキンカツ定食などがあります。

42年間たくさんの人たちから愛される味ってどんな味なのか気になりますよね。

料理で人の心を掴むって本当にできるんですね。

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目40-10

Sponsored Links
Sponsored Links




父親はきさらぎ亭の一代目?

情報によると、きさらぎ亭の一代目は横山茜さんの父親で間違いないですね。

父親から去年引き継がれたと記載されています。

横山茜さんが東京に戻ると店にはある危機が訪れました。

ビルの老朽化により立ち退きが余儀なくされたそうです。

そんな中で横山茜さんはある方法を使い存続させたそうです。

どんな方法か注目ですね。

Sponsored Links
Sponsored Links




横山茜さんの夫や子供は?

情報によると、横山茜さんは劇作家の方と結婚しているそうですね。

2人の間には息子さんもいるみたいです。

劇作家の夫や息子さんについての詳しいことは分かりませんでした。

42年間続いたきさらぎ亭をぜひ息子さんにも継いでもらいたいですね。

その時まで元気に横山茜さんが営業を続けてるといいですね。