佐藤善一容疑者(山形市本町1丁目事故)の顔写真や宗教法人とは?東海林とし子と大友里美さん重傷


5月13日の午後2時頃に山形市本町1丁目で車が歩道に乗り上げたことによって、東海林とし子さん(71)と娘の大友里美さん(45)さんをはね重傷を負う事故が起きました。

この事故によって、車を運転していた宗教法人職員の佐藤善一容疑者(72)が逮捕されました。

今回は、佐藤善一容疑者のプロフィールや事故現場などについてまとめてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

山形市本町1丁目で事故

 13日午後2時10分ごろ、山形市本町1丁目の市道で、駐車場から出てきた乗用車が直進し、市道を越え、反対側の歩道に突っ込み、同市五日町、無職、東海林とし子さん(71)と娘の無職、大友里美さん(45)をはねた。

 2人は頭を強く打つなどして重傷。山形署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、現場近くに住む乗用車の宗教法人職員、佐藤善一容疑者(72)を現行犯逮捕した。

 同署によると、車は駐車場から左折して市道に出ようとしたところ、そのまま直進し、市道を横切り歩道に突っ込み、東海林さんらをはねた。調べに対し佐藤容疑者は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述している。同署で詳しい事故原因を調べている。

引用:ライブドアニュース

今回の事故は、また高齢者の事故ということで、アクセルとブレーキを踏み間違えたということでした。

もし踏み間違えたとしても途中で止めることができると思いますが、向かいの歩道まで突っ切ったということは、すぐに動けなかったということでしょう。

これも72歳という高齢の反射神経の鈍さや判断能力の低さによって招いてしまった事故ではないでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

事故現場の場所は?

そして事故現場の場所ですが、特定することができました。

「山形市本町1丁目」をグーグルマップで調べると範囲が狭かったので、ニュース映像からこちらを特定できました。

目の前には「東北大学進学会」の建物があります。


佐藤善一容疑者のプロフィール

名前:佐藤善一(さとうぜんいち)
年齢:72歳
職業:宗教法人職員

今回逮捕された佐藤容疑者は、宗教法人職員で72歳の方です。宗教法人ということでなんなのかと思い調べてみました。

そして今回自宅から出る時に運転ミスをしたということで事故現場は自宅目の前だとわかっていたので、自宅のストリートビューを見てみました。

するとそこに「天理教 北山形分教会」という文字が家の前に書かれてありました。調べると1838年に設立された古い新興宗教団体のようでした。

グーグルマップも事故現場と一致しますね。

Sponsored Links
Sponsored Links




佐藤善一容疑者の顔写真

そして佐藤容疑者の顔画像ですが、ニュースでは公開されていないようでした。

高齢ですので、facebookなどもやっていないようです。

ニュース映像で公開されない限り、顔写真はわからないでしょう。

東海林とし子さんと大友里美さんのプロフィール

そして今回重傷を負ったのが、山形市市五日町に住む被害者の2人です。

・東海林とし子さん(無職・71)
・大友里美さん(無職・45)

この2人は親子だということですが、名字が違いますので娘さんのほうは、結婚されて専業主婦をしているのだと思われます。

今回はただ歩道を歩いていただけなのに、車がいきなり突っ込んできたということで、これには驚きですよね。。。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声