短距離ミサイルと飛翔体の違いは?5月4日発射の落下地点や場所距離も


5月4日に北朝鮮が短距離ミサイルを発射しました。しかし、韓国軍が飛翔体ということに短距離ミサイルの表現を変えました。

今回の記事では、短距離ミサイルと飛翔体の違いや今回発射されたミサイルはどこに落ちたのか?飛距離はどうだったのかなど調べてみました。

北朝鮮が飛翔体を発射

韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日午前9時6分ごろから27分ごろにかけて、東部の元山付近から東北方向の日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を数発撃ったと発表した。飛距離は70~200キロメートルという。韓国軍は当初、発射されたのは短距離ミサイルとしていたが、飛翔体に表現を変えた。複数の種類の武器を発射した可能性もある。

北朝鮮が発射したのがミサイルなら、2017年11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星15」を発射して以来、1年5カ月ぶりとなる。韓国軍関係者は「弾道ミサイルではない」と語っている。

2月にハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談は事実上決裂した。その後も経済制裁を緩めない米国に北朝鮮はいらだちを強めており、今回の飛翔体発射は米国へのけん制との見方が浮上している。ただ、飛距離は200キロメートルと弾道ミサイルと比べて短く、決定的な対立は避けたい思惑も透ける。

引用:日経新聞

日本が令和を迎えて4日目に、北朝鮮がミサイルを発射したというのがびっくりしましたね。ですので、日本に対して何か訴えているのではないかとも思いました。

しかしニュースでは、アメリカが経済制裁を緩めないということに対してミサイルを発射したのではないかということですね。

日本に対することではなかったなら良いですが、日本側に打つのは本当に辞めてほしいですよね。

海のある方に発射するなら日本側しかないでしょうが、もし日本に落ちたら本当に大変なことですよね。。。

祝砲なんてネットでは言われていたりもしていましたね。

Sponsored Links
Sponsored Links




短距離ミサイルと飛翔体の違いは?

では今回なぜ韓国軍は、短距離ミサイルを飛翔体という表現に変えたのでしょうか?そして、この2つの違いとはなんなのでしょうか?

まず短距離弾道ミサイルですが、弾道ミサイルのうち、射程距離が1000km以下のものをいうそうです。核弾頭は積んではいないようです。

弾道ミサイルでは、巡中距離弾道ミサイルというものがあり、それよりは射程距離が短いものだそうですが、厳密な区分はないもののようです。

そして飛翔体については、高い高度で空中を飛ぶ物体であり、具体的に呼称で呼ぶものが難しいものを言う場合に用いられるんだとか。

今回のように北朝鮮が発射した短距離弾道ミサイルのように、ミサイルだとは断定できないようなものに対しては飛翔体と呼ばれることが多いそうです。

つまり今回韓国軍は、短距離弾道ミサイルではなく、飛翔体に表現を変更したということは、短距離弾道ミサイルではなかったということでしょう。

しかし飛翔体というものは具体的になんのものかは不明なので、結局は何が飛んだのかわかっていない状況だと思われます。

Sponsored Links
Sponsored Links




飛翔体の落下地点や場所はどこ?

そして今回発射された飛翔体が、どこに落ちてどれだけ飛んだのかということです。

現在わかっているのは、9時6分から21分間、数発を発射したということです。射程距離は70〜200km飛行して、日本海に落下したということだそうです。

排他的経済水域(EEZ)内には落下していないということで、日本海を半分にしたら北朝鮮側のほうに落下したということになります。

日本からは遠い場所に落下したようですね。ですので、元々日本には到達しないような飛翔体を発射したということになります。

Sponsored Links
Sponsored Links




ネットの声